2020年には約50%を占めるとも言われる、音声検索が勢いを増しています。

音声検索におけるSEO準備と最適化

つまり検索においてウェブサイトも対象であり、今後は音声検索を意識した検索エンジン最適化 SEOが必要になります。
よって今後ウェブサイトの音声検索最適化VSO対策について考えていかなければいけません。
AppleのSiri、AmazonのAlexa、Google Home、MicrosoftのCortana、LINEなどの各社大手も音声検索に注力している現状、多くのユーザーは音声を使用して検索し、モバイルデバイスと会話しています。

本記事は音声検索の増加について詳しく説明し、キーボード入力をしない次世代ユーザー向けにこれからウェブサイトの準備や音声検索対応について、概要を提供します。

“音声検索とは何ですか?”

AppleのSiri、AmazonのAlexa、Google Home、Google Voice Search / Now、MicrosoftのCortana、LINEなどからさまざまな仮想アシスタントが登場しています。Googleについては、Uber、Pandora、OpenTable、Spotify、WhatsApp、Ticketmasterなど、さまざまなサードパーティのサービスをGoogle Homeに既に統合し、便利を広げています。
音声検索を持つデジタルアシスタントは、スピーカーのようなデバイスだけでなく、すべての現代のスマートフォンにインストールされています。「Webの検索、音楽の再生、家電の操作、水の注文、スポーツの結果」など生活の様々なことがスマホの音声検索と通してできるようになりました。

1.音声検索が普及し続ける理由は、何でしょう

音声検索の最適化

音声検索におけるSEO準備と最適化

それは、非常に「カンタンで高速」だからです。

音声検索は、人々がキーボードを使って入力するよりもはるかに速く検索することができます
2008年から2016年まで、音声検索クエリは35倍になりました。そして今日、19%の人が少なくとも1日に1回Siriを使用しており、10代の55%と成人の40%が毎日音声検索を使用しています。2020年までに、検索クエリの50%はテキストではなく音声で行われます。

音声検索は、ハンズフリーで作業でき即座に関連する検索ができるます。さらに質問に対して「結果」回答や「指示」アクションの実行も非常に高速なことが特徴です。
技術的背景には、音声をインターフェイスとして多くのコンポーネントを使用して関連する結果をもたらし、コンテキストベースのシステムの開発があって実現されてきました。

2.音声検索は会話型で答えます

音声検索の最適化

音声検索におけるSEO準備と最適化

ごく一般的なテキスト入力型の検索は、数万数億の関連する結果を表示(サーチ)させ、その中から自分が見つけたい記事やウェブサイトを決め(クリック)なければいけません。
それに比べ、音声アシスタントは、いわゆる会話型検索クエリを使用して、個々の質問に対して反応します。
これらの種類のクエリは、自然言語文で話され、応答も文全体で行われます。

たとえば「今日の渋谷区の天気は?」と尋ねると
「今日の渋谷区は曇りで、わずかな雨の可能​​性があります。最高温度は16℃です」
と回答します。

3.会話型のフレーズ回答と5つのW

音声検索の最適化

Google Hummingbird(ハミングバード)は、2013年にGoogle検索で大幅に変更されたアルゴリズム名です。
個々のキーワードよりも文脈と意味を考慮し、自然言語のクエリに重点を置かれるようになりました。
また、Webサイトの個々のページのコンテンツをより深く調べ、最も適切なページに直接ユーザーを誘導する機能が向上しています。

上記の通り、音声検索は自然言語文を留意して、コンテンツ制作とSEO対策の必要があると言えます。
一般的な検索では「天気 渋谷」と入力しますが、音声デジタルアシスタントの場合は「Siri、明日の渋谷の天気は?」と尋ねます。

会話型検索は、「誰が、何を、いつ、どこで、なぜ」どのように行うかの古典的な5Wで答える傾向があります。5Wの例としては、以下の通りです。

  • バーベキューには、何が必要ですか?
  • 今日の渋谷区の天気は?
  • スカイツリーは、いつ建てられましたか?
  • 渋谷区で一番安いピザはどこで買えますか?
  • なぜ鳥が突然現れるのですか?
  • Googleはどのように始まりましたか?

これらの自然言語の会話型検索には、入力された検索よりも多くの単語が含まれていることがわかります。
重要なのは少数のキーワードではなく回答、すなわちフレーズになります。そして質問に対する回答にはロングテールキーワードが重要な役割を果たします。

音声検索の対策としては、「音声検索の回答に利用されやすい文言をサイトへ入れる。」ことも重要な対策になります。

4.ウェブサイトに必要なSEO準備とは

音声検索の最適化

音声検索におけるSEO準備と最適化

はじめに行わなければいけない準備、作業としては、ウェブサイトのSchema構造化マークアップになります。
SEO対策に必要なWORDPRESS構造化Schema.orgとはでご説明した様に音声検索に必要なマークアップを行うことです。

現在Googleは、話せるSchema.orgのベータ版を実装しています。このコードを使用すると、検索エンジンに、Alexa、Siri、Cortana、Google Assistantなどのデジタルアシスタントが読み上げるためのコンテンツ制作が可能です。

Google読み上げ(ベータ版)の詳細はこちら>>

”speakable schema.org プロパティを使用することで、テキスト読み上げ(TTS)を使用した音声再生に最適なセクションを記事やウェブページ内から指定できます。マークアップを追加すると、Google アシスタント対応デバイスで TTS を使用して読み上げるコンテンツを、検索エンジンやその他のアプリが識別できるようになります。”

構造化マークアップと同時に、音声検索の対策としては、「音声検索の回答に利用されやすい文言をサイトへ入れる。」ことも重要な対策になります。ユーザーが会話の中で自然と使うであろうキーワードを想像し、Webページ内の文章に自然に組み込むことです。

音声検索における自然言語について、SEOエキスパートであるBacklinko(バックリンコ)が調査・分析をしました。スマートスピーカーGoogle Home(グーグル ホーム)が、回答した1万件の音声検索の結果のうち、とても重要な項目をまとめました。

フォチューナでは、静的Webサイト、WordPressで作られたWebサイト、まだSSL・HTTPS化されていないWebサイトのSSL化、構造化マークアップをフォローいたします。

ぜひお気軽にご相談ください。

相談してみる

関連記事