WordPressでECサイトをはじめる(もしくは追加する)最も簡単な方法は、WordPressのeコマース(決済)プラグインを使用することです。
国内には、ネットショップを作るための専用サービスがあります。無論その有料サービスを利用することだったり、Yahoo!ショッピングや楽天市場、Amazonなど大手プラットフォームで販売することもできます。

今回ご紹介するのは「自社(商品)ドメインでサイトを持ちたい、自社直営サイトで販売をしていきたい」という、いわゆる独自ブランド「ネットショップ開業派」のための記事になります。

ビジネスにWordPressが大きく貢献します。WordPressでECサイトをはじめる、もしくは追加したいと考えているならぜひ読んでみてください。

2018’12/24にこの記事は、リライトされています。

Eコマース・ECサイト・オンラインショップを開始するためのWordPressプラグインのご紹介します。

MarketPress ecommerce


WordPressの決済プラグイン

単純で直感的な操作と140の拡張機能:MarketPress ecommerce

https://ja.wordpress.org/plugins/wordpress-ecommerce/

Eコマース用プラグインMarketPress ecommerceは、デジタルダウンロード販売および物理的な製品の両方に使用できるWordPressプラグインです。ウィジェットを使用することでカスタマイズできることが特徴です。

ウィジェットは、製品カテゴリと製品リストからドロップダウンでカスタマイズすることができます。Stripe、Paypal、Authorize.netを含む15の人気の支払い方法がはじめからバンドルされているので、スームズな支払いプロセスを構築することができます。顧客が支払いプロセスがわかりやすいように、パンくずリストへナビゲートすることはECサイトで重要なことでもあります。
サイトは日本語以外にも翻訳対応することができるので、アマゾンアフィリエイトや在庫アラート、Googleアナリティクスと連携することでコンバージョンやサイト改善にも役立つEコマース機能があります。

WooCommerce


WordPressの決済プラグイン

WordPressの37%を超える最大のプラグイン:WooCommerce

https://www.woothemes.com/woocommerce/

WooCommerceの洗練された管理インターフェイス、トップクラスのサポートがウリ。
最近閲覧した製品、サイドバーウィジェットの選択、および価格・評価やレビューなど無料で多くの機能を備えていますし、商品販売以外にも宿泊予約やレンタル品にも対応しています。

決済の種類も豊富です。Visa、MasterCard、American Express、Discover、JCB、Diners Clubのカードに対応したStripeをはじめ、PayPal、AmazonPay、ApplePay、GooglePay、SquareもOKです。

WooCommerceは無料で十分な機能を備えていますが、ECサイトを拡張するためにオプション機能を欲しい分だけ購入することも可能です。会計ソフトウェアと連携、大手CRMと同期、マーケティングソフトウェア、プロダクト(予約販売・割引販売)など、有料アドオンを追加することができます。

WP eCommerce


WordPressの決済プラグイン

世界中のビジネスオーナーのためのオープンソリューション:WP eCommerce

https://wpecommerce.org/

通常の販売のほかデジタルダウンロード、会員限定販売、サクスクリプションが可能です。
eコマースプラグイン「WP eCommerce」はWordPressの開発者に支持を得ていてWP eCommerceのコミュニティでは(https://github.com/wp-e-commerce/WP-e-Commerce)開発者へ最新情報や技術サポートを行っています。
ECサイト管理に必要なレポート機能、googleアナリティクスと連携するマーケティング機能も活用できます。

ECサイトに欠かせない支払いに関しては海外支払いブランド「PayPal、Stripe、Chronopay、BluePay、Sagepay、Paystation、Authorize.net、first data、LinkPoint」など多くのチェックアウトを持っています。基本モジュール(発送設定、税金、ペイメントゲートウェイ、在庫管理、会員ログイン、電子メール通知、販売ステータス)は無料ですが、上位プランのGold Cartプランは$99〜もあります。

iThemes Exchange


WordPressの決済プラグイン

5分で販売できる!有料アドオンで最強eコマースを構築:iThemes Exchange

2018’12月時点でサービスは終了しています。
https://ithemes.com/exchange/

iThemes Exchangeは、シンプルで直感的で非常に拡張可能なWordPressのeコマースプラグインとして開発されています。iThemes Exchangeのユーザーフレンドリーなインターフェイスは、製品の作成とプロセスが比較的容易になります。独自のデータベース・テーブルを作成する他のプラグインとは異なり、Exchangeは独自のページに顧客情報を追加するための組み込みシステムを利用しています。デジタルダウンロードや購入された製品を準じて、トランザクションを編集し、顧客情報にメモを追加できるので、顧客を管理が簡単になります。Exchangeのインストール、有効化、好きな支払プロセッサを選択し、製品を追加し、販売を開始します。

Shopify


WordPressの決済プラグイン

wordpress_eコマース:Shopify

https://www.shopify.com/

(上記4つはWordPressの販売と決済プラグイン)shopifyは、サイト丸ごと作れるサービスになります。
100以上のプロフェッショナルの外観テーマからデスクトップはもちろんモバイルやタブレットまでマルチ対応しているので、簡単にeコマースを構築することが出来ます。

例えば、WordPressのブログや商品紹介のサイトを作成し、購入ボタンから決済する先をShopifyの安全なショッピングカートに接続する、在庫をShopifyで管理する などということができます。
Shopifyの利用料は、$29/月(ベーシックプラン)ではじめることができ、必要機能が揃います。

フォチューナでは、ECサイト・ネットショップを専門にフォローする運用チームがいます。
上記の定期支援、ECサイト・ネットショップの販売支援まで一貫してサポートいたします。

ぜひお気軽にご相談ください。

eコマースについて相談してみる