eコマースは、在庫、カスタマーとのコミュニケーション、ペイメントなど重要な要素が多いためWordPressでeコマースをおこなう際、どのように機能するかを理解することは素晴らしいeコマースサイトを構築するために重要です。
私たちはeコマースのWordPressプロセスを通してあなたのサポートをします。

なぜワードプレス&eコマース?


WordPressは最も人気のあるプラットフォームの一つであり、iThemeswoocommerceなどのプラグインを使用して独自のストアを作ることができます。
いくつかのホワイトペーパーでワードプレスで行うべき理由について、詳細を参考にしてくだい。

標準機能か他社サービスを利用する


複雑なeコマースのプロセスを動作させるためる方法は2つあります。

  1. wordpressプラグインの標準機能
  2. サードパーティー(他社サービス)

それぞれの説明と最後に長所短所の比較をしていきます。

wordpress+eコマース

1. wordpressのeコマースプラグイン機能とプロセス


WordPressのeコマースプラグインの標準的なプロセスです。それらには4つの主要な機能と手順があります。

  1. ショッピングカート(買い物) -購入プロセスを管理する機能。
  2. ペイメントゲートウェイ(支払い) -取引を承認し、リストを保持する機能。
  3. マーチャントアカウント(銀行決済) -トランザクションを完了し、支払い設定を確定させる機能です。
  4. 銀行口座 – ペイメント会社の集金をあなたへ支払う機能です。

ショッピングカート機能


ショッピングカートは、ショッピングプロセスを管理します。これは、ペイメントゲートウェイと通信し、アクティブなユーザーをリストとして保持する最も重要な機能です。

ペイメントゲートウェイ機能


次はペイメントゲートウェイです。これは購入プロセスで支払い方法を確定した際、マーチャントアカウントへクレジットカードのデータを提供し、銀行への承認または拒否を通信する機能です。

トランザクションが承認された場合、ペイメントゲートウェイは、承認コードを収集します。これらはビジネスアカウントと購入者を整合した後、IOUリストを通して一日一回、単一のバッチで配信されます。そして次に、あなたが支払いを受けることができます。

日本国内のペイメントゲートウェイは、取引手数料3.5%〜(トランザクション 6円/件〜)毎月の最低料金(5000円〜)が一般的です。

マーチャントアカウント機能


次のステップは、マーチャントアカウント機能です。
マーチャントアカウントとは、クレジットカード決済を受け取る登録された口座(ビジネスアカウント)のことです。

銀行ATMと同様に、ビジネスアカウントはほとんどの場合無料では動作しません。一件の処理(トランザクション)の手数料、月額最小手数料、顧客サービス料、年会費およびチャージバック手数料を含むことがあります。

銀行口座


eコマースプロセスの最終ステップは、収益を得るための銀行口座です。

口座が登録・開設されれば、eコマースすべての収益は、あなたのビジネスの銀行口座に支払われます。ただし先の通り、1件につき決済手数料がかかることとペイメント会社により入金サイクルがk異なります。月1回〜数回と任意設定が可能ですがオプション手数料が発生する場合もありますので、事前に契約の確認が必要です。

wordpress+eコマース

2. 他社サービスを利用する(サードパーティー)


ペイメントゲートウェイとマーチャントアカウントのプロセスが通常バラバラなwordpressプラグインeコマースの標準機能に対して、そのほか他社サービスを利用する方法があります。他社サービスは、ペイメントゲートウェイと銀行決済の役割を兼ね備えています。

 

ショッピングカート>ペイメントゲートウェイ>マーチャントアカウント>銀行口座

プロセスは、このように単純化されます。

ショッピングカート>他社サービス(サードパーティ)>銀行口座

日本には複数決済会社が存在するがペイジェントGMOペイメントソフトバンクペイメントサービスベリトランスについては国内シェアを拡大しているサービスです。

wordpressのeコマースプラグイン機能とサードパーティの比較


標準機能とサードパーティを比較してみましょう:

標準サードパーティ
コスト:低いの取引手数料3.5%〜取引手数料・最低料金5,000円/月
外観自由にカスタマイズが可カスタマイズは不可
セキュリティサイト上でSSLが必要ですSSLは必須ではありません
入金サイクル月1回。2回目以降オプション手数料が必要
PCIコンプライアンス厳格なPCIコンプライアンスが必要コンプライアンスが用意されている
セットアップビジネスアカウントで契約、審査が必要。セットアップが簡単
  • コスト:サードパーティは、一般的に、標準機能よりも高い手数料を持っています。通常は3.5%の手数料とトランザクションあたり6円を支払う必要があります。
  • 外観/ユーザビリティ:標準機能はあなたが望むカートおよびチェックアウトのUXを自由に設計することが出来ます。
  • 入金サイクル:月1回〜数回と任意設定が可能ですがオプション手数料が発生する場合もありますので、事前に契約の確認が必要です。
  • セキュリティ:サードパーティは、通常、個別にSSLを必要としませんが、標準機能は、SSL(Secure Sockets Layer)証明書が用意(別途契約)が必要です。
  • PCIコンプライアンス:サードパーティが購入者に提示もしくは提供するコンプライアンスを用意している一方で標準機能は、非常に厳格なクレジットカード業界(PCI)コンプライアンスを必要とします。

最後に税金


ワードプレスのeコマースプラグインとサードパーティプロセスを説明しましたが、税金の計算を忘れないでください
無料のインターネット米国税管理TaxCloudなどを利用すると便利です。

もし海外向けに日本の商品を販売する越境ECをしていくなら、通貨や配送の面で日本製システムでは対応できない部分があるので海外製のプラグインもおすすめです。

海外製のネットショップ用プラグインwoocommerceiThemesWP e-commerceが有名です。