B2B企業にとって企業ブログが有益な手段である説明と、国内成功事例と一緒に解説していきます。

顧客心理から考える企業ブログの必要性|株式会社フォチューナ

企業ブログやオウンドメディアのキーワードは一度は聞いたことがあり、必要性は理解できるがその手段をベストなの?と一度は考えたことがある人が大半なのではないでしょうか。
インバウンドマーケティングが普及し始めている現在、企業の売上を上げるために企業ブログは有益な手段です。

普及し始めた経緯から、企業ブログはどう用意すべきか、どのような目標を設定するべきなのか。お伝えしたいと思います。ぜひ参考にしてください。

企業ブログが必要になった背景

企業ブログの必要性

新規顧客獲得に効果的なマーケティング手法として注目されていますが、そもそもなぜ企業ブログが必要になったのでしょうか。そこには、従来のマーケティングの定番手法だったアウトバウンドマーケティングの問題点が背景にあります。

アウトバウンドマーケティングでは、「企業が伝えたい情報 = 商品やサービスの紹介」を配信するのが一般的ですが、アウトバウンドマーケティングでは新たな顧客の獲得が難しくなっています。その大きな理由の一つが、「消費者の企業広告疲れ」です。

顧客心理から考える企業ブログの必要性|株式会社フォチューナ

上記の背景から企業ブログは、「企業が伝えたいこと」ではなく、「潜在顧客が知りたい情報」を発信するマーケティング手法として、非常に効果的となりました。

顧客目線のイン バウンド マーケティング という手法

企業ブログの必要性

前述した手法を「アウト バウンド マーケティング」と呼び、もう一方を「イン バウンド マーケティング」と呼びます。この二つの違いは「誰が主体的か?」ということです。

消費者の都合を無視して日常生活に介入するアウトバウンドマーケティングに対して、インバウンドマーケティングは企業に興味を持ってもらう仕掛け作りと言えるのです。

消費者の情報収集の場は、テレビやラジオ、新聞などから、SNSやブログなどのオンラインを主体とした消費者自身が情報を発信する民主的なメディアに移行しています。そのため、従来のメディアでは消費者の潜在意識にリーチできなくなってきています。

企業ブログは、顧客目線のインバウンドマーケティングとして、オンラインで効果的に集客するための施策なのです。

製品選定の情報源はウェブサイト

企業ブログの必要性

前途、オンラインへの移行を更に詳しく見ていきます。

WEBテクノロジーとマーケティング フォチューナ|WEBサイトとは

インバウンドは、見込み客が情報を欲している状態に適切なコンテンツを届けることができると言えますがB2Cだけではなく、B2B企業にも同じことが言えます。

株式会社トライベック・ブランド戦略研究所のBtoBサイト調査 2017の「仕事上の製品・サービスの情報源」の項目では、営業員の説明や、カタログ、業界サイト・専門雑誌を差し置き、企業のウェブサイトが1位になりました。

企業ブログのメリット・デメリット

企業ブログの必要性

消費者や顧客がオンラインへの移行と、インバウンドマーケティングの違いについて説明してきましたが、企業ブログを活用する場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

企業ブログは、少しずつコンテンツを作り続けなければならないことや、顧客との関係を長期間保つ必要がマーケティング手法です。なのでオンラインで集客をするメリットだけではなくデメリットも理解しておく必要があります。次で詳しく見ていきましょう。

企業ブログのメリット

潜在顧客との接点が広がる

まだコンタクトしていない、新規顧客と繋がることが出来るのも企業ブログのメリットです。未来顧客となり得る潜在層が興味を持ちそうなコンテンツをフックにすることで顧客との接点を広げ、ビジネスチャンスを拡大することができます。

潜在顧客のインサイトが得られる

情報を発信していくことで、WEBサイトにアクセスされた履歴、次にどんなページを見ているのかなどをGoogleアナリティクスやCRMなどでデータに蓄積しておけば、潜在顧客の興味関心や行動、関心に合わせたマーケティングが可能になります。

オンラインでは、顧客を知ることが出来る解析ができるのもメリットの1つです。

アナリティクス解析士が、お客様のビジネス目標と設定に合わせながら複雑なサイトデータを可視化します。
顧客から信頼を獲得するにはサイト分析と改善から。>>

自社で発信内容をコントロールできる

検索上位を狙ったキーワードでの記事作成や、サイト内の回遊率を高める施策、問い合わせを促すボタンなど企業ブログは自社ですべてをコントロールすることが可能です。

中長期的な潜在顧客集客システムを構築できる

企業ブログは、少しずつコンテンツを作り続けることによって効果を発揮するマーケティング手法です。

つまり、質の良いコンテンツは繰り返し潜在顧客からの問い合わせを獲得し、それが積み重なっていくことで中長期的に集客ができるようになっていくということです。

コンテンツマーケティングを実施し続けることで、広告に頼らない、蓄積型の集客システムを構築することが可能になるのです。

顧客ロイヤリティが高まる

企業ブログによって継続的に情報発信を行い、企業と潜在顧客の間にコミュニケーションを発生させることで、商品やサービスを購入するまでの間に関係性を築くことができます。

企業が発信したコンテンツにアクセスした潜在顧客は、企業に良いイメージを抱き、より身近に感じます。その結果、企業や商品、サービスに関心がある、質の高い潜在顧客を集めることができるのです。

企業ブログのデメリット

時間と手間がかかる

Web広告などのダイレクトにレスポンスがあるマーケティング施策と比べ、短期的な効果は得にくいと言えます。さらに、ブログを運営する企業(担当者)は、コンテンツ制作のプロとは限りません。そのため、狙いたいユーザー層とマッチした良質なコンテンツを作ることや、専門的なSEO対策などハードルが高い場合があります。

短期的な効果は得られにくい

企業ブログを始めたばかりは、どうしても新規のユーザーに届きにくいというデメリットがあります。
さらにウェブページが上位表示されにくい状態が続きます。
これは、Googleのクローラーが公開したブログをインデックスするまでに時間がかかるほか、Webサイトが被リンクなどを受けていないためです。上位表示されるためには地道に記事を増やし、SEO対策を行っていかなければならないので時間と手間がかかります。

企業ブログ・メディアの種類

企業ブログの必要性

企業ブログは、WEBサイトに含まれたものとイメージされる方がほとんどだと思いますが、他にも手法があります。

  • 動画を活用したYOUTUBE
  • ホームページとは別に運用するオウンドメディア

企業ブログは写真と文章を主に構成されますが、youtubeの音声と映像で印象に残りやすいは動画も注目を集めています。

WordPressで動画サイト・ギャラリー作る方法は、以下の記事をご覧ください。
YOUTUBEをWORDPRESSに表示させる無料5つのプラグイン>>

企業ブログとオウンドメディアの違いとは

企業ブログとオウンドメディアの違いは、コンテンツ(中身)にあります。

企業ブログ:自社についての情報/自社の伝えたい情報を伝える
オウンドメディア:自社顧客の知りたい情報/役立つ情報を伝える

企業ブログとオウンドメディアどちらにも言えるのが「自社でコントロールできるメディアで他のメディアとのハブの役割になっていると」ということです。

要は、ブログもオウンドメディアも自社メディアと呼べます

自社メディアの国内 成功事例

企業ブログの必要性

顧客心理から考える企業ブログの必要性|株式会社フォチューナ

メディアは「企業から一般消費者に向けて発信されるもの」、つまりBtoCのイメージがあるかもしれません。しかし、BtoB企業にも企業ブログやオウンドメディアをうまく取り入れて成功している企業がたくさんあります。

自社メディアには、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、オウンドメディアの成功事例についてご紹介します。

サイボウズ式(運営会社:cybozu)

顧客心理から考える企業ブログの必要性|株式会社フォチューナ

サイボウズは、グループウェアの開発・販売・運用、およびチームワーク強化メソッドの開発・販売・提供を実施している会社です。

同社が運営する自社メディア(オウンドメディア)「サイボウズ式」は、サイボウズを知らない人に、サイボウズを知ってもらうことを目的に運営されています。2012年に開設され、2年後には月間20万PV(14年6月)のサイトに成長しています。「cybozu.com」の購入者のうち、「4.4%」の人が製品購入の最初のきっかけとして「サイボウズ式」を挙げています。

WATASHI+(運営会社:資生堂)

顧客心理から考える企業ブログの必要性|株式会社フォチューナ

化粧品、美容提供の資生堂のオウンドメディアです。

同社が運営する自社メディア(オウンドメディア)WATASHI+は、「美容に関する情報を発信し、検索エンジンからユーザーを呼び込みます。美容における予防法や対策法を提示し、化粧品を利用するユーザーのニーズに応える内容で、ECサイトに誘導しています。月間平均500万近いPV数を誇っています。

北欧、暮らしの道具店(運営会社:クラシコムジャーナル)

顧客心理から考える企業ブログの必要性|株式会社フォチューナ

「北欧、暮らしの道具店」では、商品ページを雑誌のようなスタイルで構成し、Webサイトを訪れたユーザーが商品購入できるオウンドメディア型のECサイトです。

実際の使用例を紹介し、その商品がどのように使われているのかをユーザーに訴求しています。説明文には明確なキーワードがあるため、SEO対策もされています。
結果として、過去には月間最高1,300万PV、現在でも月間平均130万PVを誇るスーパーECサイトに成長しています。

採用公式ブログ linotice(運営会社:ヤフー株式会社)

顧客心理から考える企業ブログの必要性|株式会社フォチューナ

2016年スタートしたlinotice。それまでの採用チャネルから、質の面でも量の面でもいい採用ができなくなったと強い危機感を感じたきっかけからはじまった採用ブログ

linoticeは採用ブランディングが目的なので、「ヤフーで働きたい」と思っていただくことがゴールです。そのためのコンテンツとして、採用サイトで紹介されている制度を社員は実際どのように使っているかといった記事や、具体的なプロジェクトに関わるメンバーの仕事内容やそこにかける思い、また開発者の人となりや働き方を深く掘り下げる記事など、企業風土を伝えています。

100超のサービスを展開するヤフーが辿り着いた“全方位型オウンドメディア採用”の全貌>>

まとめ

企業ブログの必要性

企業ブログを通して有益な情報を提供し続けることで、企業イメージが向上しブランディングを構築することにも繋がります。

顧客にとって有益な情報を提供している企業が、顧客に選ばれます。
今までの露出の方法(TV,チラシ、新聞、雑誌)に加え、企業ブログ(インターネット)を活用することで自分たちの製品から人材、そして企業全体を伝えることが出来るようになっています。

企業ブログを通してユーザーに有益な情報を届けましょう。

フォチューナがご用意するWordPressは、運用時についてはコーディングやデザイン知識がないお客様でも直感的に使いやすい管理画面となっております。また、不明点があれば担当によるサポートプランも用意させていただいております。ぜひお気軽にご相談ください。