私たちは、eコマースに必要な人気のある決済代行会社を比較しペイメントゲートウェイ比較表を作りました。この情報は、日々変化するので各社の公式ウェブサイトから最新情報を確認することができます。

サービス PayPal Standard PayPal PRO Paygent GMOペイメントゲートウェイ ストライプ Braintree WePay Paymill Webpay
動作タイプ

プロトコルタイプ、リンクタイプ、モジュールタイプ

プロトコルタイプ、リンクタイプ、モジュールタイプ リンクタイプ、モジュールタイプ プロトコルタイプ、リンクタイプ、モジュールタイプ モジュールタイプ プロトコルタイプ、リンクタイプ モジュールタイプ モジュールタイプ モジュールタイプ
通貨対応 190の国 190の国 米国、カナダ、英国やヨーロッパ、東南アジア 22の国 米国、カナダ、英国やヨーロッパ、東南アジア 21の国 130の国 米国、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ 米国のみ 39の国(主にヨーロッパ) 日本円のみ(クレジットカードブランドが対応している場合可)
初期・月額費用 0円 3000円 初期費用・月額10000円〜。個別対応 初期費用・月額個別対応 0円(100万円未満)、3000円(1000万円) $0 $0 $0 0円、9800円(プロプラン)
取引手数料 3.6%+1取引につき40円 2.9%+1取引につき30円 4.5%+1取引につき15円、コンビニ決済300円 5.0%+1取引につき10円、売上処理費は個別対応 決済額が100万円/月までは無料、その後1件ごとに決済額の×4.0%+30円(フリープラン) 2.9%+1取引につき$ 0.30 2.9%+1取引につき$ 0.30 2.95パーセント+0.28€/トランザクション 3.25%〜(スタータープラン)、2.69%〜(プロプラン)
決済手段 NA NA 主要コンビニ全対応(コンビニ決済、払込票、ペイジー、後払い決済)、すべての金融機関(振込) 主要コンビニ全対応(コンビニ決済、払込票、ペイジー、後払い決済、電子マネー)、すべての金融機関(振込) NA NA NA NA NA
主なクレジットカード MasterCard、VISA、American Express、JCB MasterCard、VISA、American Express、JCB ダイナースクラブ、JCB、VISA、MasterCard、AMEX ダイナースクラブ、JCB、VISA、MasterCard、AMEX、ジャックス、オリコ、セゾン、イオン VISA、MasterCard(JCB、AMEX、Dinersは有料) JCB、ダイナースクラブ NA JCB、ダイナースクラブ VISA、MasterCard(JCB、AMEX、Dinersは手数料が異なる)
キャリア決済 いいえ いいえ docomo、au、SoftBank docomo、au、SoftBank いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
サポート 電話、電子メール 電話、電子メール 電話、電子メール 電話、電子メール 電子メール 電話、電子メール 電話、電子メール 電話、電子メール 電子メール

WordPressに対応したものは?


Eコマースを構築するためのワードプレス機能とプロセスガイドで紹介したWordPress+eコマースを構築するには、ペイメントゲートウェイプラグインが必要になります。

もし海外向けに日本の商品を販売する越境ECをしていくなら、通貨や配送の面で日本製システムでは対応できない部分があるので海外製のプラグインもおすすめです。海外製のネットショップ用で有名なプラグインwoocommerceWP e-commerceを前提にペイメントゲートウェイプラグインを調べました。

Paygent

GMOペイメントゲートウェイ

ストライプ

Wepay

Paymill

Webpay


 

各サービスの内容は、日々変更されます。最新情報は、公式ウェブサイトから確認してください。