サイト管理者向け グーグルアナリティクス目標設定 FORTUNA.INC

サイト管理者向け Google Analyticsの目標設定

Webサイトの目的を達成するために必須なのがGoogleアナリティクスでの目標設定です。Googleアナリティクスは、サイトへトラッキングコードを実装することでユーザーの行動を計測が可能です。 GAコードには様々なトラッキング機能があります。それらの機能の1つが「目標」です。目標を設定することで効果が出たのか、結果につながったのかどのように改善をすべきなのか を判断する材料が揃うことになります。本記事は 1.目標を設定してみよう2.目標価値の設定をしてみよう ということで、Googleアナリティクス設定のプロセスとその方法をご説明します。 目標を設定した場合、どのような計測ができるのかと言うと例えば どんなユーザーが目標達成しやすいのか、 どんなページを見た人が目標達成に繋がりやすいのか、 どの程度滞在してたのか、 何人がアクションをしたか(資料ダウンロード、ビデオの視聴など) などです。 1.目標を作成してみよう。アクセス解析において重要な指標 Googleアナリティクスの[管理者]セクションで[目標]を作成できます。 設定するアカウントを選択し、ビュー列の[目標]をクリックします。 次に、[+新しい目標]と記載されている赤いコール・ツー・アクションボタンをクリックします。 無料で設定できる目標数は20です。それ以上の目標が必要な場合は、有料プランとなります。 [+新しい目標]をクリックすると、次の画面が表示されます。 目標を作成するための基本的な3つのオプション Googleアナリティクスでは、3つのオプションから選択できます。 [目標テンプレートを使用する]、[カスタム目標の作成]、[独自のスマートゴールの作成]それぞれ目標作成を順に説明していきます。 ・目標テンプレートを使用する。 収益、集客、問い合わせ、ユーザーのロイヤリティの4種類から選択できます。目標設定に慣れていない場合は、問い合わせの目標を作りましょう。 フォーム送信を選択すると、フォームページからコンタクトがあったユーザーの設定と追跡できます。[問い合わせ] > [フォーム送信] を選択して続行をクリックしてください。 タイプの説明: 到達ページ: 問い合わせフォームから送信完了したすべてのユーザーを追跡できます。 滞在時間: ウェブサイトに一定の時間滞在したすべてのユーザーを追跡できます。 ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり): 一定ページ数を超えたユーザーがすべてのユーザーを追跡できます。設定した最小ページビュー数のしきい値に達すると、目標達成とみなされます。 イベント: サイト内でユーザーが動画を再生したなど、何かしらアクションしたすべてのユーザーを追跡できます。イベントは、簡単に作成できるGoogleタグマネージャという素晴らしいツールがあります。近くに開発者がいない場合は、ぜひ活用してみてください。これらの設定が済んだら続行をクリックして次に進みます。 目標の詳細: ここでは、成果を具体的に設定します。今回は、/order/thanks.html へアクセス(ユーザーが送信完了)した場合、成果として計測する設定をします。 到達ページ: 成果とするページを指定します。サイトによって異なるのでユーザーが完了したページ名を記入します。 値: 目標1件達成にどれぐらいの価値があるか?金額を設定することが出来ます。 次「2.目標価値の設定をしてみよう」で詳細の説明をします。 目標到達プロセス: 成果が発生するまでのルートを登録することが出来ます。さらにユーザーがそのルートのどこで離脱してしまっているか可視化することが出来ます。 ・カスタム目標の作成。 簡単に言うと先のテンプレートにないゴールもしくは独自設定が出来ます。テンプレートにあった収益、集客、問い合わせ、ユーザーのロイヤリティ4種類以外の設定をしたいときに使用します。 カスタムを選択すると、テンプレートを選択した時と同じ画面が表示されます。 ただ、任意で目標名を入力する必要があります。どんな目標なのかあとでみて分かるような目標名をつけてください。 各項目は「目標テンプレートを使用する」で説明した内容と同じです。 設定が終わったら[続行]を選択します。 2.目標価値の設定をしてみよう有効データに必要な成果指標 目標設定をしてもそのサイトが本当に成果に繋がったかどうかは分かりづらいことがあります。 価値=値を設定しておくことで、各訪問の価値を集計する「1回のセッションあたりの目標値」や、1ページの閲覧価値を集計する「ページの価値」などの指標が集計されるようになるので成果に対する評価が分かりやすくなりますのでページ価値を設定することをオススメします。 オフにしていると、訪問別の貢献度合いやページ別の貢献度合いを相対的に把握できなくなってしまいます。 「値」の金額って、いくらに設定すればいいの? たとえば、今回の問い合わせ(資料請求など)の場合で説明します。サイトを訪問したユーザーのうち「お問い合せ」を通して、商談までいき成約する確率が10%で、成約した場合の平均売上額が10万円だとします。 この場合、問い合わせ1件あたりで仮定できる売上額は、10万円×10%=1万円と計算できるので、値には「10000」と入力します。 もちろん、金額に換算することが難しいケースもありますが、目標の設定が1つだけの場合は、仮にでもいいので値に「1000」など何らかの数値を入力してください。 ただし、複数の目標を設定する場合は、それぞれに不適切な数字を入力するのは避けた方がいいです。 正確でなくてもいいので、それぞれのコンバージョン(目標達成)の価値の相対的な割合(目標1は目標2の2倍、など)を勘案しながら値を入力するようにしてください。たとえば、「ホワイトペーパーのダウンロードは資料請求の5分の1の価値」と想定できるなら、資料請求を1万円、ホワイトペーパーのダウンロードは2000円といった具合です。 関連記事 【無料】2016’厳選オンラインマーケティングツール2016-08-15Topicマーケティング,ツール


instagram|2015-12|FORTUNA.INC

【無料】2016'厳選オンラインマーケティングツール

すべてのプロジェクト責任者は、ウェブキャンペーンの効果を取得するためのマーケティングツールを必要とします。それらツールの多くは、エンタープライズレベルの企業のためにあってROIを正当化できない価格です。 私たちは多くのツールをテストし、私たちチームやクライアントのキャンペーンで使用する最適なものを常に見つ出しています。本記事では、その中で最新の無料で使えるマーケティングツールの一部を紹介します。 1.Answer the Public Answer the Public.comは、消費者のインサイトをビジュアライゼーションした無料のマーケティングツールです。 サイトで気になるキーワード、検索単語を入力し質問します。例えば「soccer」(上の図)と質問するとキーワード、検索単語に紐づく「Where」「Which」「Who」「What」「How」「When」… など各検索クエリの背後にある人々の感情のヒントの集約されたビューが表示されます。 Answer the Public.comで感情のヒントを探すことで、消費者のマーケティングやコンテンツ制作のアイデアの出発点を得ることが出来ます。 2.Open site Explorer あなたのサイトのリンクプロファイルとあなたの競争相手を理解するドメインオーソリティを知ることはとても重要です。 Open site Explorerは、サイトのインバウンドリンクをすべて見つけ出すことができる他、ドメインオーソリティをはじめページリンク先URL、ページオーソリティ、スパムスコアを調査する無料のマーケティングツールです。 3.Screaming frog Screaming frogは、リアルタイムにあなたのサイトを解析できる多くの機能を持っています。全機能を使うには、ライセンス購入(有料版)を必要としますが、無料版でも500ページまでクロールすることができるので十分といえます。8つのマーケティング無料機能は、以下の通りです。 壊れたリンク(404エラー)を見つける。 リダイレクトを監査(301エラー)します。 メタデータが不足しているページを見つけて、URLレベルでの重複したコンテンツを見つける。 タイトル、見出し、説明文と低いコンテンツページをMD5アルゴリズムを基にチェック。 CSSが正規表現されているかを確認。 「NOINDEX」や「nofollow属性」、ならびにcanonicalsとのrel = “次”とのrel = “前へ”などの表示とrobots.txtでブロックされたURL、メタロボットまたはX-Robots-Tagをチェック。 XMLのサイトマップとイメージのXMLサイトマップを作成します。 GoogleアナリティクスのAPIと統合してデータを解析。 4.Siteliner Sitelinerは、Screaming frog同様あなたのサイトとコンテンツの分析を行える無料マーケティングツールです。無料版は、ページクロール(30日に1回)が制限されていますが、URLを入力するだけで9つの無料機能をサポートしてくれます。 重複コンテンツ 共通のコンテンツ ユニークなコンテンツ 平均ページサイズ 平均ページの読み込み時間 ページあたりの単語数 内部リンク 外部リンク テキストからHTMLへの比 5.Googleのキーワードプランナー Googleのキーワードツールは、GoogleAdWordsが提供しているオンライン広告サービスのマーケティングツールです。 SEO対策するキーワードの検索ボリュームを調査できる 自社ホームページと関連性の高いキーワードが分かる 過去の掲載結果データとトラフィックの予測データを確認できる と、SEO対策には無くてならない必須ツールになります。 業界のトレンドを検索する場合にも非常に便利です。「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」から商品カテゴリーを選択することで調査が可能です。 6.Facebookのユーザー層分析 Facebookのオーディエンスインサイトは、facebookユーザー層とコンテンツの調査を行うための素晴らしい無料のマーケティングツールです。オプションを切り替えることによって、あなたのユーザーについての具体的な人口統計情報を獲得し、さらにいくつか新しいことを学ぶことができます。具体的には以下のようなことがわかります。 属性(年齢性別、交際ステータス、学歴、役職、地域、言語など) 趣味嗜好(「いいね!」しているページ、関心のあるカテゴリーなど) 行動(アクティビティの頻度、使用端末) 世帯情報(世帯収入、住宅の所有、世帯規模、住宅の市場価値、支払方法) 購買行動(オンラインショップでの購入行動や、自動車の購入を検討中かどうかなど) そのほか、ライフスタイルなどの傾向を確認することができます。 コンテンツプランニングを見る 決済代行サービスの徹底比較 WordPress+ECサイトeコマース [2016年版] eコマースのための最も人気のある決済会社を比較 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】