ペイメント比較-株式会社fortuna

eコマースのための最も人気のある決済会社を比較

あなたのウェブサイトでオンライン販売をする準備ができたら、次にペイメントゲートウェイ(決済代行会社)を決める必要があります。 ただ決済代行会社と契約することは簡単ではありません。支払い手数料、払い込みの対応、入金サイクル、処理が決済代行会社で異なり専門用語だらけだからです。 そこで、私たちはそれらを整理しました。 準備はできていますか?まず、eコマースのウェブサイトに必要な機能をすべて実行するためのソフトウェアが必要です。WordPress+eコマースプラグインで作る方法と必要な機能がパッケージされたサービス(ASP)で用意ができます。eコマースサイトを構築するためにWordPress機能とサードパーティのプロセスで詳細を参考にしてください。 次に、在庫管理、顧客リスト、決済処理を行うプラグインが必要になります。 決済方法が豊富にショッピングカートを追加できるWordPressプラグインWP eCommerce 無料プラグイン〜有料プロバージョンまで拡張性が高いeコマースプラグイン ithemes 日本語にも対応、自由なデザインカスタマイズが可能なECプラグイン WooCommerce 最後に、運用と顧客サポートを行う社内体制を確認してください。 受発注の窓口 変更とクレームの対応窓口 ECサイトの管理と運用(新商品の入れ込み、在庫管理等) マーチャントアカウントとペイメントゲートウェイの概要eコマースサイトとeコマースプラグインの用意がすでにできているなら顧客が支払った代金を受け取るためのペイメントゲートウェイとビジネスアカウントの契約が必要になります。 ビジネスアカウントは、クレジットカードを承認し、代金を受け取ることを可能にする登録口座です。顧客が購入した代金は、販売アカウントを通してあなたのビジネスの銀行口座に転送されます。 ペイメントゲートウェイは、クレジットカードや携帯会社のまとめ払いなどの支払い(トランザクション)を可能にするものです。セキュリティと暗号化、およびそれらの重要な役割をあなたのeコマースサイトとビジネスアカウントに対してインタフェース処理をします。 しかし、ペイメントゲートウェイとビジネスアカウントを個別に契約する必要はありません。 決済代行サービスを利用することで、クレジットカード払いや振込み、コンビニ払い、携帯まとめ払いなど多くの決済方法が利用できます。さらにあなたは情報保護にかかるコスト削減と入金照合、売り上げ管理の事務処理がいりません。入金サイクルも複数の選択肢の中から、ベストな取引が行えます。 ペイメントゲートウェイ比較表をチェック私たちは、WordPress+eコマースに必要な人気のある決済代行会社を比較しペイメントゲートウェイ比較表を作りました。 手数料情報(時には一定期間無料!)は日々変更されますが、あなたのビジネスとeコマースが成功するための参考資料になるはずです。 eコマースのゲートウェイ比較表をチェック WordPressのウェブサイトにGoogleフォームを追加する方法Read More 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】Read More WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【後篇】Read More WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【前篇】Read More eコマースのための最も人気のある決済会社を比較Read More 決済代行サービスの徹底比較 WordPress+ECサイトeコマース [2016年版]Read More


決済代行サービスの徹底比較 WordPress+ECサイトeコマース [2016年版]

決済代行サービスの徹底比較 WordPress+ECサイトeコマース [2016年版]

私たちは、eコマースに必要な人気のある決済代行会社を比較しペイメントゲートウェイ比較表を作りました。この情報は、日々変化するので各社の公式ウェブサイトから最新情報を確認することができます。 サービス PayPal Standard PayPal PRO Paygent GMOペイメントゲートウェイ ストライプ Braintree WePay Paymill Webpay 動作タイプ プロトコルタイプ、リンクタイプ、モジュールタイプ プロトコルタイプ、リンクタイプ、モジュールタイプ リンクタイプ、モジュールタイプ プロトコルタイプ、リンクタイプ、モジュールタイプ モジュールタイプ プロトコルタイプ、リンクタイプ モジュールタイプ モジュールタイプ モジュールタイプ 通貨対応 190の国 190の国 米国、カナダ、英国やヨーロッパ、東南アジア 22の国 米国、カナダ、英国やヨーロッパ、東南アジア 21の国 130の国 米国、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパ 米国のみ 39の国(主にヨーロッパ) 日本円のみ(クレジットカードブランドが対応している場合可) 初期・月額費用 0円 3000円 初期費用・月額10000円〜。個別対応 初期費用・月額個別対応 0円(100万円未満)、3000円(1000万円) $0 $0 $0 0円、9800円(プロプラン) 取引手数料 3.6%+1取引につき40円 2.9%+1取引につき30円 4.5%+1取引につき15円、コンビニ決済300円 5.0%+1取引につき10円、売上処理費は個別対応 決済額が100万円/月までは無料、その後1件ごとに決済額の×4.0%+30円(フリープラン) 2.9%+1取引につき$ 0.30 2.9%+1取引につき$ 0.30 2.95パーセント+0.28€/トランザクション 3.25%〜(スタータープラン)、2.69%〜(プロプラン) 決済手段 NA NA 主要コンビニ全対応(コンビニ決済、払込票、ペイジー、後払い決済)、すべての金融機関(振込) 主要コンビニ全対応(コンビニ決済、払込票、ペイジー、後払い決済、電子マネー)、すべての金融機関(振込) NA NA NA NA NA 主なクレジットカード MasterCard、VISA、American Express、JCB MasterCard、VISA、American Express、JCB ダイナースクラブ、JCB、VISA、MasterCard、AMEX ダイナースクラブ、JCB、VISA、MasterCard、AMEX、ジャックス、オリコ、セゾン、イオン VISA、MasterCard(JCB、AMEX、Dinersは有料) JCB、ダイナースクラブ NA JCB、ダイナースクラブ VISA、MasterCard(JCB、AMEX、Dinersは手数料が異なる) キャリア決済 いいえ いいえ docomo、au、SoftBank docomo、au、SoftBank いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ サポート 電話、電子メール 電話、電子メール 電話、電子メール 電話、電子メール 電子メール 電話、電子メール 電話、電子メール 電話、電子メール 電子メール WordPressに対応したものは?Eコマースを構築するためのワードプレス機能とプロセスガイドで紹介したWordPress+eコマースを構築するには、ペイメントゲートウェイプラグインが必要になります。 もし海外向けに日本の商品を販売する越境ECをしていくなら、通貨や配送の面で日本製システムでは対応できない部分があるので海外製のプラグインもおすすめです。海外製のネットショップ用で有名なプラグインwoocommerce、WP e-commerceを前提にペイメントゲートウェイプラグインを調べました。 Paygent 公式はwoocommerceのみ。「WooCommerce」+「ペイジェント決済サービス」で日本語・日本円対応のネットショップ運営ができます。 GMOペイメントゲートウェイ 公式はEC cubeのみ。GMO-PG決済モジュール(PGマルチペイメントサービス)(2.13系)。GMOクラウドが提供する超高速WordPress仮想マシンKUSANAGI with woocommerceでも利用が可能。 ストライプ 公式はwoocommerceのみ。WooCommerceのためのストライプ決済ゲートウェイを使用してストアに直接ビザ、マスターカード、アメリカン・エキスプレス、ディスカバー、JCB、およびダイナースクラブカードを受け入れます。外部プラグインWP e-commerce for stripeは有料$78。 Wepay 公式はEC cubeのみ。EC-CUBE 2.13系用決済モジュール。 Paymill 公式はwoocommerceのみ。「WooCommerce」+「ペイジェント決済サービス」で日本語・日本円対応のネットショップ運営ができます。 Webpay 公式はEC cubeのみ。EC-CUBE 2.13系用決済モジュール。   各サービスの内容は、日々変更されます。最新情報は、公式ウェブサイトから確認してください。 【無料】2016’厳選オンラインマーケティングツール eコマースのためのSEO重要な11のヒント WordPressのウェブサイトにGoogleフォームを追加する方法 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】


【eコマース管理者必見!】reCAPTCHAでWordPressをセキュリティ強化する方法

【eコマース管理者必見!】reCAPTCHAでWordPressをセキュリティ強化する方法

あなたのサイトからユーザーが安全に注文(取り引き)ができるために、wordpress・セキュリティプラグインにはEコマースを不正アクセスから守る便利な新機能がいくつか含まれています。今回は「登録・ログイン時の画像認識(以下 reCAPTCHA)の導入」です。 1.GoogleのreCAPTCHAを導入してセキュリティを強化する方法WordPressのeコマースサイトを保護するために、reCAPTCHAがあります。 reCAPTCHAとは、ウェブサイトにアクセスを試みるボットを遮断するために設置されている、画像で表示される文字を入力することでボットでないことを証明できる機能。 reCAPTCHAは多くのサイトで導入されていますが、いちいち文字入力するのは手間で、スマートフォンなどのモバイル端末ではめんどくさい作業でした。しかし、Googleが新たにクリック・タップだけでサクッとボットでないことを証明できるように進化させました。by Gigazine セキュリティアドオンを有効にすると、ユーザーログインと登録フォームの画像認証機能を実装することができます。このreCAPTCHAのを追加すると、スパムや悪性ボットを不正なアクセスからあなたのサイトを保護することが可能です。 2.reCAPTCHAが実装できるWordPressプラグインGoogle reCAPTCHAhttps://wordpress.org/plugins/google-captcha/ 登録フォーム、ログインフォーム、パスワードフォームとコメントフォームをリセット:標準のWordPressのフォームをサポートします。 BestWebSoft、contact form(PRO ver)でのお問い合わせフォームに対応。 特定のユーザーだけにGoogleのキャプチャ(reCAPTCHAのを)表示することが可能。 バージョン1とバージョン2のGoogleのキャプチャ(reCAPTCHAの)をサポートしています。 標準のGoogleキャプチャ(reCAPTCHAの)テーマをサポートします。 no CAPTCHA reCAPTCHAhttps://ja.wordpress.org/plugins/wp-recaptcha/ ログイン、登録、コメントとユーザー登録のフォームにCAPTCHAをアクティブにするためのオプション。 CAPTCHAのテーマを選択。 ユーザーの言語を自動的に検出。 WooCommerceにも対応。 WP reCAPTCHAhttps://ja.wordpress.org/plugins/wp-recaptcha/ WP reCAPTCHAはスパム、悪質な登録およびロボットが偽装しようとする攻撃に対して、あなたのサイトを保護する無料のCAPTCHAサービスです。 ログイン、登録、コメントとユーザー登録のフォームにCAPTCHAをアクティブにするためのオプション。 3.reCAPTCHAをWordPressへ設定するGoogle reCAPTCHA Keysを取得するreCAPTCHAのをアクティブにするためにキーをgoogle.com/recaptcha~~Vから取得します。Googleアカウントでログイン>新しいサイト(任意名)を登録します。 登録ボタンをクリックした後、reCAPTCHAのセクションにコピーすることができるサイト秘密キーコードが表示されます。 セキュリティプラグインに設定する あなたが導入したWordPressセキュリティ・プラグインの設定箇所にGoogleから取得したSite keyとScret keyを貼り付けます。 ログイン、登録、またはコメントフォームから任意の組み合わせを選択します。 一旦ログアウトしてテストを行う。 WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【前篇】Read More WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【後篇】Read More 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】Read More WordPressのウェブサイトにGoogleフォームを追加する方法Read More eコマースのためのSEO重要な11のヒントRead More 【無料】2016’厳選オンラインマーケティングツールRead More 123


wordpress+eコマース - FORTUNA INC

eコマースを構築するためのワードプレス機能とプロセスガイド

eコマースは、在庫、カスタマーとのコミュニケーション、ペイメントなど重要な要素が多いためWordPressでeコマースをおこなう際、どのように機能するかを理解することは素晴らしいeコマースサイトを構築するために重要です。 私たちはeコマースのWordPressプロセスを通してあなたのサポートをします。 なぜワードプレス&eコマース?WordPressは最も人気のあるプラットフォームの一つであり、iThemes、woocommerceなどのプラグインを使用して独自のストアを作ることができます。 いくつかのホワイトペーパーでワードプレスで行うべき理由について、詳細を参考にしてくだい。 ワードプレス&eコマース:販売製品のオンラインのための簡単​​なガイド eコマースの機会:WordPressとeコマースのウェブサイトを構築する方法 標準機能か他社サービスを利用する複雑なeコマースのプロセスを動作させるためる方法は2つあります。 wordpressプラグインの標準機能 サードパーティー(他社サービス) それぞれの説明と最後に長所短所の比較をしていきます。 1. wordpressのeコマースプラグイン機能とプロセスWordPressのeコマースプラグインの標準的なプロセスです。それらには4つの主要な機能と手順があります。 ショッピングカート(買い物) -購入プロセスを管理する機能。 ペイメントゲートウェイ(支払い) -取引を承認し、リストを保持する機能。 マーチャントアカウント(銀行決済) -トランザクションを完了し、支払い設定を確定させる機能です。 銀行口座 – ペイメント会社の集金をあなたへ支払う機能です。 ショッピングカート機能ショッピングカートは、ショッピングプロセスを管理します。これは、ペイメントゲートウェイと通信し、アクティブなユーザーをリストとして保持する最も重要な機能です。 ペイメントゲートウェイ機能次はペイメントゲートウェイです。これは購入プロセスで支払い方法を確定した際、マーチャントアカウントへクレジットカードのデータを提供し、銀行への承認または拒否を通信する機能です。 トランザクションが承認された場合、ペイメントゲートウェイは、承認コードを収集します。これらはビジネスアカウントと購入者を整合した後、IOUリストを通して一日一回、単一のバッチで配信されます。そして次に、あなたが支払いを受けることができます。 日本国内のペイメントゲートウェイは、取引手数料3.5%〜(トランザクション 6円/件〜)毎月の最低料金(5000円〜)が一般的です。 マーチャントアカウント機能次のステップは、マーチャントアカウント機能です。 マーチャントアカウントとは、クレジットカード決済を受け取る登録された口座(ビジネスアカウント)のことです。 銀行ATMと同様に、ビジネスアカウントはほとんどの場合無料では動作しません。一件の処理(トランザクション)の手数料、月額最小手数料、顧客サービス料、年会費およびチャージバック手数料を含むことがあります。 銀行口座eコマースプロセスの最終ステップは、収益を得るための銀行口座です。 口座が登録・開設されれば、eコマースすべての収益は、あなたのビジネスの銀行口座に支払われます。ただし先の通り、1件につき決済手数料がかかることとペイメント会社により入金サイクルがk異なります。月1回〜数回と任意設定が可能ですがオプション手数料が発生する場合もありますので、事前に契約の確認が必要です。 2. 他社サービスを利用する(サードパーティー)ペイメントゲートウェイとマーチャントアカウントのプロセスが通常バラバラなwordpressプラグインeコマースの標準機能に対して、そのほか他社サービスを利用する方法があります。他社サービスは、ペイメントゲートウェイと銀行決済の役割を兼ね備えています。   ショッピングカート>ペイメントゲートウェイ>マーチャントアカウント>銀行口座 プロセスは、このように単純化されます。 ショッピングカート>他社サービス(サードパーティ)>銀行口座 日本には複数決済会社が存在するがペイジェント、GMOペイメントとソフトバンクペイメントサービス、ベリトランスについては国内シェアを拡大しているサービスです。 wordpressのeコマースプラグイン機能とサードパーティの比較標準機能とサードパーティを比較してみましょう: 標準サードパーティ コスト:低いの取引手数料3.5%〜取引手数料・最低料金5,000円/月 外観自由にカスタマイズが可カスタマイズは不可 セキュリティサイト上でSSLが必要ですSSLは必須ではありません 入金サイクルー月1回。2回目以降オプション手数料が必要 PCIコンプライアンス厳格なPCIコンプライアンスが必要コンプライアンスが用意されている セットアップービジネスアカウントで契約、審査が必要。セットアップが簡単 コスト:サードパーティは、一般的に、標準機能よりも高い手数料を持っています。通常は3.5%の手数料とトランザクションあたり6円を支払う必要があります。 外観/ユーザビリティ:標準機能はあなたが望むカートおよびチェックアウトのUXを自由に設計することが出来ます。 入金サイクル:月1回〜数回と任意設定が可能ですがオプション手数料が発生する場合もありますので、事前に契約の確認が必要です。 セキュリティ:サードパーティは、通常、個別にSSLを必要としませんが、標準機能は、SSL(Secure Sockets Layer)証明書が用意(別途契約)が必要です。 PCIコンプライアンス:サードパーティが購入者に提示もしくは提供するコンプライアンスを用意している一方で標準機能は、非常に厳格なクレジットカード業界(PCI)コンプライアンスを必要とします。 最後に税金ワードプレスのeコマースプラグインとサードパーティプロセスを説明しましたが、税金の計算を忘れないでください。 無料のインターネット米国税管理TaxCloudなどを利用すると便利です。 もし海外向けに日本の商品を販売する越境ECをしていくなら、通貨や配送の面で日本製システムでは対応できない部分があるので海外製のプラグインもおすすめです。 海外製のネットショップ用プラグインwoocommerce、iThemes、WP e-commerceが有名です。 決済代行サービスの徹底比較 WordPress+ECサイトeコマース [2016年版] eコマースのための最も人気のある決済会社を比較 WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【前篇】 WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【後篇】


【WEB担当者向け】よりよいWordPressのセキュリティ対策4つの方法

すべてのWordPressサイトの管理者またはweb担当者は、可能な限り「ロックダウン」としてのWordPressのセキュリティを強固にする必要があります。 ユーザビリティとセキュリティの両面を維持しながらWordPressのセキュリティを強化する方法は、意外に知られていません。 セキュリティを強化するあまり制限を持ち過ぎるとユーザビリティを失ってしまいます。ですので管理者は第一に、ユーザーがコミュニケーションを安全に行えるため、管理者が常によりよいWordPressのセキュリティのために、追求することが重要です。 1.アクセス権の時間を制限することでWordPressのセキュリティを強化するほとんどの場合、営業時間外(深夜や祝日など)にサイトの所有者はアクセスしないスリープ状態になります。 その時間帯にWordPressの管理アクセス権を他の誰かが持っている必要がありますか?ない場合、アクセスを時間帯で制御しましょう。 幾つかのセキュリティプラグインでは、設定された時間にあなたのワードプレスの管理セクションを閉じて、アクセスできないようにする機能を提供しています。そのほとんどが[設定]ページで、訪問退席中モードセクションを、アクティブにするだけで実行できます。 2. 自分でマルウェアを監視する必要はありませんインターネット上でWordPressセキュリティの専門家とディスカッションする場が提供されています。ただ、世界中の専門家に常にアップデートされる「マルウェアについてディスカッションしてください」という意味ではありません。 評判のある”悪役” ボットもしくはIPブロックアドレスのキュレーションリストを活用しましょう。 iThemesセキュリティは、あなたのWordPressのウェブサイトへのアクセスを「悪役」のリストを簡単に入手し排除することができます。[設定]ページで、訪問禁止ユーザーのセクションをクリックしHackRepair.comのブラックリスト機能を有効にすればいいだけです。 3.悪意のあるユーザーとボットを任意に排除するWordPressで使用すべきではないログインアカウント名が「admin」です。何年も前からワードプレスインストールのデフォルトでは「admin(管理者)」アカウントを生成してきました。 あなたがログインに「admin」が使っている限りボットもWordPressのサイトに侵入しようと、「admin」名を使用し続けます。 一般的なユーザーと悪意のあるボットかどうかを見極めようとする作業は非常に困難ですが、あなたのサイトを安全にユーザーが訪れるためのヒントがそこにあります。 「admin」ユーザー名を使用してログインしようとするホストを禁止しましょう。 WordPressセキュリティプラグインでは、自動的にホストをブラックリストに掲載する機能があります。「admin」でログインする悪意のあるユーザーとボットをリストに追加し、任意に排除しましょう。 4.ワードプレスの新しいセキュリティホールを閉じるセキュリティ上の脆弱性のほとんどがWordPressプラグインのXML-RPCプロトコルに存在していたことが発見されました。Jetpackのようなシェアプラグインは、WordPressのサイトと外部ソースと自動通信することを可能にするプロトコルです。 このプラグインが有効になっているときに、誰かがあなたのパスワード総当り攻撃(ブルートフォース)を無限に試みる可能性があります。(これは、「ブルートフォース保護」を持っている場合でも可能です。) あなたのWordPressサイトのXML-RPCを使用する理由がない場合は、プロトコルを完全に無効化することです。 コンテンツ更新頻度が多く、さらにSNS自動連携をせざる得ない場合を除いては手動でSNSに投稿することをお勧めいたします。 追記上記のセキュリティ以外に10文字以上の英数字WordPressのパスワードの実装、WordPressの2要素認証や画像認証、適​切な権限を使用して定期的にWordPress、プラグイン、テーマを最新に維持する、WordPressのバックアップをとることも忘れないでください。 セキュリティについて相談してみる Nothing found.


wordpressセキュリティ

【対策6項目!!】サイト保護とWordpressの脆弱性を理解する

こんにちわ。プロデューサーの八木澤です。今回は「Wordpressのセキュリティ」ネタです。WordPressは、ウェブサイトを制作する上で世界で最も使用されているCMSです。しかしその人気は、WordPressのサイトがハッカーの対象になります。 Wordpressのセキュリティの脆弱性を理解する&あなたがワードプレスを保護する。あなた自身でウェブサイトを保護する方法を理解するためには、WordPressのセキュリティの脆弱性の種類を理解する必要があります。この記事では、ワードプレスをロックダウンし、一般的な脅威か見ていきます。 Wordpressのセキュリティの脆弱性 52%は、Wordpressのプラグインから侵入。 37%が、コアワードプレスから侵入。 11%がWordpressのテーマから侵入。   出典:WPScan.orgからの統計 39%クロスサイトスクリプティング(XSS)XSSは、他のユーザーが閲覧中のウェブページにクライアント側のスクリプトを挿入します。アクセス制御と他の偽装攻撃を回避するために使用します。インターネット上すべてのセキュリティ脆弱性の84%がXSSによる攻撃です。 その他の攻撃ベクトル 11% – FTPから。(アップロード侵入) 7% – CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ。コメント欄や問い合わせフォームから侵入) 5% – SQLI(データベースの改ざん) 3% – LFI(ローカルファイルインクルード。ローカル上のファイルを読み込んでしまう脆弱性) 2% – RFI(リモートファイルインクルージョン。スクリプト言語の脆弱性を狙った攻撃) 2% – 認証バイパス 1% – リダイレクト 1% – XXE(XML外部エンティティ攻撃) 6% – 不明 ファイルインクルージョンの脆弱性ウェブサイトは、URLの中に置かれた引数に応答し動いています。あなたのPCに、もし脆弱性が含まれていた場合を想像してみてください。誰かがこの脆弱性を発見した場合、それが悪用される可能性があり。そして、これは出力(設定適切な権限のない)UNIXサーバーのパスワードファイルを盗み攻撃するでしょう。 これが発生する可能性がわずか害例です。または誰かが同様にこの方法を介してサーバー上に自分のファイルをアップロードすることができます。 あなたがワードプレスを保護する方法 弱いログインを削除します。強力なパスワードを強制&2要素認証(reCAPTCHA)を使用する。 マルウェア防止。 脆弱なサーバーを変更する。 適切な許可を設定する。 正しいワードプレスをセットアップする。 すべてのテーマ、プラグインを最新に保つ。 セキュリティについて相談してみる Nothing found.