サイト管理者向け グーグルアナリティクス目標設定 FORTUNA.INC

サイト管理者向け Google Analyticsの目標設定

Webサイトの目的を達成するために必須なのがGoogleアナリティクスでの目標設定です。Googleアナリティクスは、サイトへトラッキングコードを実装することでユーザーの行動を計測が可能です。 GAコードには様々なトラッキング機能があります。それらの機能の1つが「目標」です。目標を設定することで効果が出たのか、結果につながったのかどのように改善をすべきなのか を判断する材料が揃うことになります。本記事は 1.目標を設定してみよう2.目標価値の設定をしてみよう ということで、Googleアナリティクス設定のプロセスとその方法をご説明します。 目標を設定した場合、どのような計測ができるのかと言うと例えば どんなユーザーが目標達成しやすいのか、 どんなページを見た人が目標達成に繋がりやすいのか、 どの程度滞在してたのか、 何人がアクションをしたか(資料ダウンロード、ビデオの視聴など) などです。 1.目標を作成してみよう。アクセス解析において重要な指標 Googleアナリティクスの[管理者]セクションで[目標]を作成できます。 設定するアカウントを選択し、ビュー列の[目標]をクリックします。 次に、[+新しい目標]と記載されている赤いコール・ツー・アクションボタンをクリックします。 無料で設定できる目標数は20です。それ以上の目標が必要な場合は、有料プランとなります。 [+新しい目標]をクリックすると、次の画面が表示されます。 目標を作成するための基本的な3つのオプション Googleアナリティクスでは、3つのオプションから選択できます。 [目標テンプレートを使用する]、[カスタム目標の作成]、[独自のスマートゴールの作成]それぞれ目標作成を順に説明していきます。 ・目標テンプレートを使用する。 収益、集客、問い合わせ、ユーザーのロイヤリティの4種類から選択できます。目標設定に慣れていない場合は、問い合わせの目標を作りましょう。 フォーム送信を選択すると、フォームページからコンタクトがあったユーザーの設定と追跡できます。[問い合わせ] > [フォーム送信] を選択して続行をクリックしてください。 タイプの説明: 到達ページ: 問い合わせフォームから送信完了したすべてのユーザーを追跡できます。 滞在時間: ウェブサイトに一定の時間滞在したすべてのユーザーを追跡できます。 ページビュー数/スクリーンビュー数(セッションあたり): 一定ページ数を超えたユーザーがすべてのユーザーを追跡できます。設定した最小ページビュー数のしきい値に達すると、目標達成とみなされます。 イベント: サイト内でユーザーが動画を再生したなど、何かしらアクションしたすべてのユーザーを追跡できます。イベントは、簡単に作成できるGoogleタグマネージャという素晴らしいツールがあります。近くに開発者がいない場合は、ぜひ活用してみてください。これらの設定が済んだら続行をクリックして次に進みます。 目標の詳細: ここでは、成果を具体的に設定します。今回は、/order/thanks.html へアクセス(ユーザーが送信完了)した場合、成果として計測する設定をします。 到達ページ: 成果とするページを指定します。サイトによって異なるのでユーザーが完了したページ名を記入します。 値: 目標1件達成にどれぐらいの価値があるか?金額を設定することが出来ます。 次「2.目標価値の設定をしてみよう」で詳細の説明をします。 目標到達プロセス: 成果が発生するまでのルートを登録することが出来ます。さらにユーザーがそのルートのどこで離脱してしまっているか可視化することが出来ます。 ・カスタム目標の作成。 簡単に言うと先のテンプレートにないゴールもしくは独自設定が出来ます。テンプレートにあった収益、集客、問い合わせ、ユーザーのロイヤリティ4種類以外の設定をしたいときに使用します。 カスタムを選択すると、テンプレートを選択した時と同じ画面が表示されます。 ただ、任意で目標名を入力する必要があります。どんな目標なのかあとでみて分かるような目標名をつけてください。 各項目は「目標テンプレートを使用する」で説明した内容と同じです。 設定が終わったら[続行]を選択します。 2.目標価値の設定をしてみよう有効データに必要な成果指標 目標設定をしてもそのサイトが本当に成果に繋がったかどうかは分かりづらいことがあります。 価値=値を設定しておくことで、各訪問の価値を集計する「1回のセッションあたりの目標値」や、1ページの閲覧価値を集計する「ページの価値」などの指標が集計されるようになるので成果に対する評価が分かりやすくなりますのでページ価値を設定することをオススメします。 オフにしていると、訪問別の貢献度合いやページ別の貢献度合いを相対的に把握できなくなってしまいます。 「値」の金額って、いくらに設定すればいいの? たとえば、今回の問い合わせ(資料請求など)の場合で説明します。サイトを訪問したユーザーのうち「お問い合せ」を通して、商談までいき成約する確率が10%で、成約した場合の平均売上額が10万円だとします。 この場合、問い合わせ1件あたりで仮定できる売上額は、10万円×10%=1万円と計算できるので、値には「10000」と入力します。 もちろん、金額に換算することが難しいケースもありますが、目標の設定が1つだけの場合は、仮にでもいいので値に「1000」など何らかの数値を入力してください。 ただし、複数の目標を設定する場合は、それぞれに不適切な数字を入力するのは避けた方がいいです。 正確でなくてもいいので、それぞれのコンバージョン(目標達成)の価値の相対的な割合(目標1は目標2の2倍、など)を勘案しながら値を入力するようにしてください。たとえば、「ホワイトペーパーのダウンロードは資料請求の5分の1の価値」と想定できるなら、資料請求を1万円、ホワイトペーパーのダウンロードは2000円といった具合です。 関連記事 【無料】2016’厳選オンラインマーケティングツール2016-08-15Topicマーケティング,ツール


ホームページを作成制作する方法 -企業のためのステップガイド-

本記事はコードを学ぶことなく、自分のビジネスホームページを作成 制作するための無料ステップガイドです。 なぜ私たちが改めて「ホームページを作成 制作」するための無料のガイドを記事にしたのでしょう? フォチューナは、これまで2000以上のウェブサイトを構築してきました。それらの経験を私たちは、誰かのために少しでも返すべきだと思ったからです。古い手法や技術は、混乱を招きます。日々変化するインターネット上の手法と技術において「2017年最新版」を作成しました。ステップ1〜3まで読み進めていただければホームページの公開までたどり着けるでしょう。 セットアップガイドを公開した3つの理由 ビギナーのために作りましたあなたが技術者ではない場合でも大丈夫です。ガイドは非常に詳細ですが、驚くほど簡単です。最新2017年版として他のガイドは古くなったり誤解を招くことがあります。私たちは2017年版ガイドを作りました。無料の相談サポート私たちは電子メール・チャットによる無料相談を提供しています。ホームページによる質問についてお応えします。簡単にホームページを作成する3つのステップ ステップ.1 ウェブサイト構築のプラットフォームを選択する。 ステップ.2 ドメイン名とホスト名を決める。 ステップ.3 ウェブサイトの設定と調整をします。 ステップ1:ウェブサイト構築のプラットフォームを選択する「プラットフォーム」とはどういう意味ですか?私たちがWeb開発を始めた2009年には、ほとんどのサイトがHTML(コード)、CSS、Flashを使って構築されました。これらは学ぶのに多くの時間がかかり、習得するのは難しいものでした。 近年では、WordPressのようなコンテンツ管理システム(CMS)を利用して誰もがアクセスできるホームページを作成することができます。ほとんどの人が最初からコードを書くスキルを必要としません。 プラットフォームを簡単に言えば、専門の技術者がチームにいなくてもホームページを作成できるシステムです。ホームページ全体や各ページ(コンテンツ)の管理するための最適なツールという訳です。 2017年に3つの最も人気のあるプラットフォームとは。 配色とドメイン名を気にする前に、まずはウェブサイトを構築するためのプラットフォームを決める必要があります。 上のグラフからわかるように、インターネット上のウェブサイトの半数近くは、WordPressのウェブサイトのプラットフォーム上で実行されています。※最新の統計は  W3テックス と  BuiltWithで。 Drupalは、ウェブ開発者や経験豊富なプログラマーに人気があり、非常に強力なプラットフォームですが、学習が必要で初心者には少し厳しい選択になります。 Joomlaは、ワードプレスに似ていますが、素晴らしいホームページを作成するには、技術的なコーディングスキルが少なくとも必要になります。 Wordpressがダントツに有効な理由。 完全に無料。多くのデザインレイアウト/テーマから選択できます。 WordPressはダウンロードまたはインストールするには、費用がかかりません。それと世界中のデザイナー、エンジニアが支える巨大なコミュニティがあり美しいテーマとテンプレートを設計することが容易で、簡単に速くホームページを制作することができます。 初心者向き、非常にシンプルなシステムです。 Microsoft Wordの使い方を知っていれば、自分のコンテンツを追加する方法はすでに分かっています。豪華なビジネスページからソーシャルネットワーキングサイトまで、あなたが想像することができるあらゆるサイトを自由にプラグインで拡張することができます。”プラグイン”を使用すると、コンタクトフォーム、購読フォーム、イメージギャラリーなどをあなたのウェブサイトに追加することができます。 ビジネスサイトからオンラインショップまで幅広く対応できる。 小〜大規模なウェブサイトサイト制作まで最適です。WordPressはどんな種類のウェブサイトにも対応できます。eBay、Mozilla、Reuters、CNN、Google Ventures、そしてNASAでも使用されています。 スマホ、タブレットでも最適に動作します。 あらゆるモバイルデバイス(スマートフォン、タブレット)に最適に対応します。パソコン用、モバイル用を意識することなく自動化されたWordpressならWeb開発者を雇う必要はありません。 巨大なサポートと開発者コミュニティが利用可能です。 プラットフォームを使用する人が非常に多いため(Webマスター、ブロガー、テーマ開発者、プラグインクリエイター)、必要なときにヘルプを簡単に見つけることができます。さらに、WordPressには、Youtubeとそのサポートフォーラムで利用できる無料のリソースがたくさんあります。 実際に、このfortuna-inc.jpはワードプレスで作られています。以下は、ホームページと固定ページのサンプルです。 新規立ち上げの方には、WordPressをお勧めします。私たちがこれまでに作った中で最も簡単なプラットフォームですが、中小企業のオーナーやフリーランス、創造的なアーティストやブロガーに至るまで、誰もが使える柔軟性があります。 ステップ2:ドメイン名とホスト名を決める新しいウェブサイトをオンラインで入手するには、2つのことが必要です。 ドメイン名(yoursitename.comのようなウェブアドレス) ホスティング(あなたのサイトをインターネットに接続するサービス) WordPressプラットフォーム自体は無料です。しかしドメイン名とホスティングは、月に安いプランで100円〜、ビジネス用で2000円程度の費用がかかります。 参考にホスティング費用比較のブログ→https://rentalserver-comparison.net/ ドメイン名はどこで取得できますか?国内で取得できる一般的なサービスを紹介します。 既にドメイン名とホスティングの契約は済んでいますか? 済んでいる場合はステップ3へ読み進めてください。ステップ3では、ウェブサイトの設定方法について説明します。 お名前ドットコムは、登録実績1400万件を誇る国内最大級のドメイン公式登録サービスです。.com .net .jpドメインなど、510種類以上のドメイン取得が可能で、ドメインを活用できるサービスも用意されています。 さくらインターネットは、独自ドメインを使ったブログの開設やWordPressを使ったサイトの運営には必須のドメインをさくらインターネットでは非常に簡単に取得可能です。レンタルサーバーと併せて申込みするとさらに便利。 ムームードメインは、.com .net .jp .co.jpなど多種多様なドメインを取得・登録できる国内最大級のドメイン総合サービスです。取得した独自ドメインで利用できるメールサービス「ムームーメール」やレンタルサーバーも用意されている。 どのような種類のドメイン名を選ぶべきですか? ドメイン名は、YourCompanyName.co.jpのようにあなたの会社名と一致する必要があります。 サービスサイトの場合は、YourServiceName.comのように認識しやすいドメインが望ましいです。 ドメイン名は通常.com、.org、.netのいずれかで終わりますが、中小企業サイトの場合.jp、.co.jpが望ましいです。すでに他者がドメインを保有済みの場合、同じドメインは取得出来ませんので事前に確認が必要です。 それは覚えやすく、キャッチーで適切な単語ですか? たとえば、教育についてサイトを作った場合、best-education-website.netは良い選択とは言えません。studyademy.comやstudyfall.comの方が適切でしょう。 短く、パンチがあり(サービス名が確立している)クリアなドメイン名は覚えやすくなります。 あなたのドメイン名があまりにもあいまいで、長すぎたり、奇妙な形で綴られていると、訪問者はそれを忘れる可能性があります。 適切や覚えやすい単語以外にも、ビジネスを行う上でキャッチーなドメインネームもいいでしょう。未だ世界で 1.5億アクティブなドメイン名が、登録されていないので諦めず探しましょう。 ステップ3:ウェブサイトの設定と調整をしましょうWordPressのインストールドメイン名とホスティングを契約したら、ホームページ公開まであと少しです! WordPressをインストールするには、2つの方法があります。 自動でインストールする方法。ほとんどのホスティング会社がWordPressのワンクリックインストールを統合しているため、簡単にインストールできます。ホスティング契約をしたアカウントでサイトログインし、自動で構築出来ます。 手動でインストールする方法。契約したホスティングサービスに自動的でワードプレスをインストールするオプションがない場合は、手動で行う必要があります。FTP情報からサーバーへアクセスし設置、構築します。 サイトのデザイン・レイアウト/テンプレートを選択する。ドメインにWordPressが正常にインストールされると、下の写真のように標準のWordPressブログデザインが表示(インストール)されます。 ステップ1で記載しましたが、WordPressは”美しいテーマとテンプレートを設計することが容易“です。早速、ホームページ制作のデザインを選んでください。 デザイン・レイアウト/テンプレートを取得する方法。 WordPressにログインする。 YourCompanyName.co.jp/wp-admin/にアクセスして、ログインを行なってください。 外観>テーマ をクリック。 ログインができたら、サイドメニューにある「外観>テーマ」をクリックします。特定のキーワードで検索したり、フィルタを使用して自分のスタイルにあったテーマを見つけることができます。 新しいテーマをインストールする。 イメージに合ったテーマが見つかったら「インストール」をクリックしてから「アクティブにする」をクリックするだけで簡単にインストールができます。 コンテンツの追加と新しいページの作成方法。テーマをインストールしたら、次にコンテンツの追加と新しいページの作成を行いましょう。本記事では「サービス(service)」ページまたは「会社概要(about us)」ページ(サイトの上部にあるメニューのようなもの)制作の方法を記載します。 ページの追加と編集 WordPressにログインした状態で左メニュー「固定ページ>新規追加」をクリックします。 クリックすると、Microsoft Wordで見たような画面が表示されます。テキスト、イメージなどを追加して、必要なページを作成し、完了したら保存します。 メニューにページを追加する方法。WordPressのダッシュボードのサイドバーにある「外観」>「メニュー」をクリックします。 作成したページを見つけて、その横のチェックボックスをクリックして「メニューに追加」をクリックしてリストに追加します。メニューの位置をプライマリーメニューにチェックを入れ、保存をクリックします。 ホームページのタイトルとサイト説明文を記載する。ページタイトルは、サイトそれぞれ異なるページタイトルに設定する必要があります。例えば、本記事タイトルは「ホームページを作成する方法 -企業のためのステップガイド-」としています。 サイト説明文(Wordpressではキャッチフレーズと言います)は、すべてのページ全体のタイトルの末尾に追加されます。 ウェブサイトのタイトルと説明文を変更するには、「設定 > 一般」に移動し、以下のフォームに記入し、設定してくださ。 ホームページを立ち上げる準備ができました!基本設定が出来ましたらウェブサイトがモバイル閲覧者に最適化されているか確認が必要です。それはデスクトップ用に最適化されていることを確認することよりも重要です。 WordPressサイトでメインページとは別のページを制作・使用することができます。 コンセプト – 自分自身とサイトについて人々に伝えるページ。 連絡先 – 訪問者があなたに連絡するページ。 ポートフォリオ – 。 サービスと製品 – 。 チーム。 顧客の声 プライバシーポリシーと個人情報保護に関する明示。 お知らせ – 新着情報の一覧と詳細ページ よくある質問 など。 Get in touchプロジェクトのアイデアやご相談が必要ですか? AKITA OFFICECONTACTWebプロジェクトについてご相談してくださいsend email TOKYO OFFICE 【対策6項目!!】サイト保護とWordPressの脆弱性を理解する 【WEB担当者向け】よりよいWordPressのセキュリティ対策4つの方法 eコマースを構築するためのワードプレス機能とプロセスガイド 決済代行サービスの徹底比較 WordPress+ECサイトeコマース [2016年版] eコマースのための最も人気のある決済会社を比較 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】


スマホでWordPressサイトを管理するための最強ツール

スマホでWordPressサイトを管理するための最強ツール

WordPressは、ウェブサイトを構築するために素晴らしいプラットフォームです。しかし、サイト管理者から見た場合、直感的で魅力的なアプリケーションとはいえないようです。 今後は、開発者がプラットフォームを管理し、サイト管理者はコンテンツ作りに集中して取り込むために「サードパティアプリ」の導入をオススメします。 ワードプレスのための最強スマホツール「7つ」をご紹介します! 1.WordPress.com コンピュータから離れていても、wordpressモバイルがあればウェブサイトの管理、確認することができます。モバイルだけでどこからでもワードプレスを更新したり変更できるのでとても便利です。Android/iOS対応。 WordPressブログやサイトを iOS デバイスから管理するのは簡単です。WordPress for iOS アプリを使えばコメントの管理、投稿や固定ページの作成・編集、画像や動画の追加が楽にできます。 wordpress.com2.ManageWP 今まで一箇所からすべてのWordPressのウェブサイトの管理を助けることができるツールがあったら…と考えたことはありませんか? ManageWPモバイルアプリは、すべてのワークフローを自動化します。アップデート、バックアップおよびクローンツールから、プラグインやテーマの管理、クライアントレポートに、ホワイトラベリング、SEO、セキュリティとパフォーマンスをチェックします。Android/iOS対応。 managewp.com3.WooCommerce あなたがストア所有者だったら必ず入れてほしいでモバイルアプリです。 「あなたのお店をポケットに」WooCommerceは、リアルタイムにEコマースの情報を得ることが出来ます。売上高、受注、顧客番号やベストセラーなど、毎日、毎週、または毎月の売上高の統計を通してカンタンに視覚的に表現してくれます。他にカタログデータの管理、在庫数と特定の製品バリエーションを変更・検索ができるので外出先からスマートにカスタマーとコミュニケーションがとれます。iOSに対応。 woocommerce.com4.Pingdom Pingdomのモバイルアプリは、どこにいてもサーバーの稼働パフォーマンスを確認できるので、サイトダウンのトラブルを事前に防止できます。Pingdomは、サーバー監視できる無料のモバイルアプリです。Android/iOSに対応。 pingdom.com5.グーグルアナリティクス ムダな説明は不要ですね。Google社サービス「アナリティクス」です。 サイト解析〜改善、指標、ディメンション、およびセグメントの任意の組み合わせを使用して独自のレポートを作成することもできます。 Android/iOSに対応。 google analytics6.Buffer バッファは、記事を集約、管理、自動投稿が出来るプラットフォームです。最小25、最大は150のソーシャルメディアに記事を集約、管理、自動投稿が出来るプラットフォームです。 BufferはWordPressに投稿した記事をFacebookやTwitterへあらかじめ決めておいた時間に順番に投稿してくれるのでまとめて投稿しても、一度にアップされずに、小出しにしてくれます。Android/iOSに対応。 buffer.com7.Zapier IFTTTと同様、仕入れた情報を1つの場所に集約し、他のウェブサービスに一括でシェアするサービスです。 しかし、Zapierは有料版ですが、5つのZAP(処理の組み合わせ)まで作成できるフリー版も使用することが出来ます。例えば、チャットワークとGmailを接続すると、Gmailに届いた重要なメールをチャットワークに飛ばすことができます。メールの内容をチャットワークで確認し、返信したい時だけメールを開くことで、Gmailを確認する必要がなくなります。 現在、Google関連のアプリや、FacebookやTwitterをはじめZOHO CRM、ZOHO Createrにも対応しており、計400以上のアプリが登録されており連携が可能になっています。 zapier.com関連記事 【無料】2016’厳選オンラインマーケティングツール 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】 WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【前篇】 【対策6項目!!】サイト保護とWordPressの脆弱性を理解する Get in touchプロジェクトのアイデアやご相談が必要ですか? AKITA OFFICECONTACTWebプロジェクトについてご相談してくださいsend email TOKYO OFFICE


instagram|2015-12|FORTUNA.INC

【無料】2016'厳選オンラインマーケティングツール

すべてのプロジェクト責任者は、ウェブキャンペーンの効果を取得するためのマーケティングツールを必要とします。それらツールの多くは、エンタープライズレベルの企業のためにあってROIを正当化できない価格です。 私たちは多くのツールをテストし、私たちチームやクライアントのキャンペーンで使用する最適なものを常に見つ出しています。本記事では、その中で最新の無料で使えるマーケティングツールの一部を紹介します。 1.Answer the Public Answer the Public.comは、消費者のインサイトをビジュアライゼーションした無料のマーケティングツールです。 サイトで気になるキーワード、検索単語を入力し質問します。例えば「soccer」(上の図)と質問するとキーワード、検索単語に紐づく「Where」「Which」「Who」「What」「How」「When」… など各検索クエリの背後にある人々の感情のヒントの集約されたビューが表示されます。 Answer the Public.comで感情のヒントを探すことで、消費者のマーケティングやコンテンツ制作のアイデアの出発点を得ることが出来ます。 2.Open site Explorer あなたのサイトのリンクプロファイルとあなたの競争相手を理解するドメインオーソリティを知ることはとても重要です。 Open site Explorerは、サイトのインバウンドリンクをすべて見つけ出すことができる他、ドメインオーソリティをはじめページリンク先URL、ページオーソリティ、スパムスコアを調査する無料のマーケティングツールです。 3.Screaming frog Screaming frogは、リアルタイムにあなたのサイトを解析できる多くの機能を持っています。全機能を使うには、ライセンス購入(有料版)を必要としますが、無料版でも500ページまでクロールすることができるので十分といえます。8つのマーケティング無料機能は、以下の通りです。 壊れたリンク(404エラー)を見つける。 リダイレクトを監査(301エラー)します。 メタデータが不足しているページを見つけて、URLレベルでの重複したコンテンツを見つける。 タイトル、見出し、説明文と低いコンテンツページをMD5アルゴリズムを基にチェック。 CSSが正規表現されているかを確認。 「NOINDEX」や「nofollow属性」、ならびにcanonicalsとのrel = “次”とのrel = “前へ”などの表示とrobots.txtでブロックされたURL、メタロボットまたはX-Robots-Tagをチェック。 XMLのサイトマップとイメージのXMLサイトマップを作成します。 GoogleアナリティクスのAPIと統合してデータを解析。 4.Siteliner Sitelinerは、Screaming frog同様あなたのサイトとコンテンツの分析を行える無料マーケティングツールです。無料版は、ページクロール(30日に1回)が制限されていますが、URLを入力するだけで9つの無料機能をサポートしてくれます。 重複コンテンツ 共通のコンテンツ ユニークなコンテンツ 平均ページサイズ 平均ページの読み込み時間 ページあたりの単語数 内部リンク 外部リンク テキストからHTMLへの比 5.Googleのキーワードプランナー Googleのキーワードツールは、GoogleAdWordsが提供しているオンライン広告サービスのマーケティングツールです。 SEO対策するキーワードの検索ボリュームを調査できる 自社ホームページと関連性の高いキーワードが分かる 過去の掲載結果データとトラフィックの予測データを確認できる と、SEO対策には無くてならない必須ツールになります。 業界のトレンドを検索する場合にも非常に便利です。「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」から商品カテゴリーを選択することで調査が可能です。 6.Facebookのユーザー層分析 Facebookのオーディエンスインサイトは、facebookユーザー層とコンテンツの調査を行うための素晴らしい無料のマーケティングツールです。オプションを切り替えることによって、あなたのユーザーについての具体的な人口統計情報を獲得し、さらにいくつか新しいことを学ぶことができます。具体的には以下のようなことがわかります。 属性(年齢性別、交際ステータス、学歴、役職、地域、言語など) 趣味嗜好(「いいね!」しているページ、関心のあるカテゴリーなど) 行動(アクティビティの頻度、使用端末) 世帯情報(世帯収入、住宅の所有、世帯規模、住宅の市場価値、支払方法) 購買行動(オンラインショップでの購入行動や、自動車の購入を検討中かどうかなど) そのほか、ライフスタイルなどの傾向を確認することができます。 コンテンツプランニングを見る 決済代行サービスの徹底比較 WordPress+ECサイトeコマース [2016年版] eコマースのための最も人気のある決済会社を比較 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】


ecommerce-for-seo

eコマースのためのSEO重要な11のヒント

すべてのWebサイトにSEOが必要なように、eコマースにも同様なことが言えます。 オンライン購入の44%は、オンライン検索で始まります。販売製品は、Googleなどの検索エンジンでユーザーに簡単に見つけだせることが成功するeコマースの要素になります。あなたのサイトに使用している検索語句(キーワード)が検索エンジンにできるだけ関連することです。 多くのeコマースのプラットフォームは、オンラインショップの検索エンジンフレンドリーにするために必要な機能が装備されない場合があります。 プラットフォームと海外カートを評価した検索エンジンのランキングの要因はMOZによってコンパイルされています。それぞれの要因は、その後、MOZの研究における増加のGoogleのランキングとの相関に基づいて重みを割り当てられました。 本記事は、それらをまとめた「eコマースのためのSEO重要な11のヒント」になります。 1.独立したナビゲーションリンク ナビゲーションリンクは製品および製品カテゴリーを表示するテキストメニューです。 一部のeコマースプラットフォームは、自動的にあなたのオンラインストアでの製品および製品カテゴリと同じ名前を使用して、メニューのナビゲーションリンクを動的に生成します。SEOの目的のために、ナビゲーションリンクの独立制御をできることが好ましいです。 商品カテゴリー、商品ジャンル、商品詳細ページの階層をユーザーが迷わないよう導線と自然なキーワードにする。ムダな階層が増えると【重複コンテンツに起因する問題】と【価値のないページの大量生成】という2つの問題を招く可能性があり、Google検索エンジンへインデックスされないリスクが発生します。 追加のカスタマイズができる機能もしくはユーザーライクなカテゴリー、製品名にしましょう。 2.独立したページタイトル ページタイトルとは、ブラウザの上部にあるタブセクションに表示されるテキストです。また、ユーザーがページをブックマークや自分のデスクトップへのショートカットとして保存するときに表示されています。検索語がページタイトルの先頭に配置され、特にキー検索用語が含まれるページタイトルへの強い相関があります。 一部のeコマースプラットフォームは、自動的にあなたのオンラインストアでの製品および製品カテゴリと同じ名前を使用して、ページのタイトルを生成します。 検索結果の画面上に表示されるタイトル文は、表示できる文字数と幅に制限がありますので、商品名を先頭に記載するのが好ましい。 PCは30文字、スマホは20文字を目安にタイトルを作っていくと省略されずに表示されます。 3.独立したページのURL ブラウザのアドレスバーに示すようにページのURLは、ページの場所です。キー検索用語が含まれるページのURLは、良好な相関があります。 一部のeコマースプラットフォームは、自動的にあなたのオンラインストアでの製品および製品カテゴリと同じ名前を使用して、ページのURLを生成します。SEOの目的のために、ページのURLとは独立に制御することが好ましいです。 URLのチェックポイントはおおよそ以下のようになります。 できるだけ短く キーワードを含む(ただし3〜5個) ハイフン(-)などを使って(キー)ワードを区切る URLに拡張子を入れない URLから拡張子を削れない場合は、「.html」とか標準的なものにする URLにパラメータ(例:…/?utm_source=….)を入れない マーケティングやトラッキングなどの理由でURLからパラメータを削れない場合はハッシュ(#)を使う 悪い例 example.com/prod1234 example.com/prod.php?id=1234 example.com/darkbluewidget 良い例 example.com/dark-blue-widget/ example.com/dark-blue-widget/#src=camp1234 4.独立したメタ説明 メタ記述は、Googleの検索結果ページ上のリストに表示されるテキストです。説明が直接、検索順位に影響はありませんが、あなたの競合サイトと検索訪問者があなたのサイトをクリックするかどうかに大きな影響を持ちます。 一部のeコマースプラットフォームは、本文の前半を自動的に抜粋し表示してしまうので、メタ文章を任意で記載してください。Google検索エンジンで表示できる文字数は「PCは120文字程度、スマホは50文字程度」になります。 5.独立した画像のALTタグALTタグのテキストは、画像などが表示できない場合に表示する「代替テキスト」です。ALTタグは、Google検索結果での順位に特に強い相関関係を持っていませんが、Googleの画像検索の結果に大きく影響してきます。 いくつかのショッピングカートのソフトウェアは自動的にALTタグに製品名を割り当てます。 お使いの製品名が例えば「ダニエルドレス」とした場合、「製品の種類」も記載されている方がGoogle画像検索にヒットし、見込み客は見つけやすいでしょう。この場合には、「ノースリーブボディコンドレス(種類) – ダニエル(製品名)」などのALTタグが好ましいです。 6.独立したH1見出し H1の見出しは、製品やカテゴリページに表示される大見出しとして指定されています。 Googleで使用される検索用語に関連性を示すH1の見出しのための良好な相関があります。例えば、見込み客が使う検索用語に一致するような製品名に変更し、H1見出しに含むことが好ましいです。 7.CanonicalでURLを正規化eコマースストア内の同じ製品が、複数のURLの下にリストされることは珍しくありません。例えば、子供の「積み木」は “おもちゃ”と “ホーム&ガーデン”のカテゴリーに属している場合、二つの別々のURLの下に表示されて同じ製品ページにつながります。 www.OnlineStore.com/shop/ toys /子供積み木 また: www.OnlineStore.com/shop/ HomeandGarden /子供積み木 という具合です。 重複ページが複数ある場合、何も設定していないと検索エンジンはそれらを全てクローリング(インデックス)しようとします。 しかし、クローリングの際に、重複ページは別ページとして認識されているため、独自性の無い質の低いコンテンツと判断されてしまいます。(内容が同じ=質が低いと判断される) 本来はインデックスさせたいページを除外されたり、除外してもいいページを残してしまうということが起こります。複製された大量のコンテンツが含まれているサイトでは、Googleが罰せされているのリスクがあります。この問題を回避するために、「REL CANONICAL」を使用してURLの正規化をしましょう。 8.ソーシャル共有ボタンソーシャル共有ボタンは、あなたの訪問者が最も人気のあるソーシャルネットワーク上のサイト、製品やブログ記事を共有することができ、容易に認識可能なアイコンで構成されています。 オンラインコンテンツを共有する簡単な手段を訪問者へ提供することは、あなたのオンラインマーケティングを支援します。 9.自動XMLサイトマップXMLサイトマップには、検索エンジンがあなたのコンテンツを検索し、インデックスを助けるためのウェブサーバ上にあるファイルです。大抵www.OnlineStore.com/sitemap.xmlで確認できます。 製品が数百〜数千ページの場合、XMLサイトマップを手動で作成するのは現実的ではありません。ほとんどのeコマースプラットフォームは、新しいページが追加、またはウェブサイトから商品が削除されるたびに自動的にXMLサイトマップを生成します。もし、生成される機能を持っていなければ手動で生成し、Google Search Consoleにアップロードが必要です。 10.301リダイレクト301リダイレクトは、別のURLからブラウザや検索エンジンをリダイレクトするために使用されるコマンドです。サイトを移設した時や、ページのURLを変更した時などに必要となる仕組みで、「新しいサイト(URL)」へ誘導(転送)します。 移設前のサイトの「A」というページが、検索エンジンで上位に表示されていたとします。そして、新しいサイトでも、この「A」ページの代わりとなるページ(「B」ページとします)を作成し公開しました。通常コンテンツ内容は全く一緒なのにも関わらず、新しい方の「B」ページは全く上位に表示されませんが(「A」ページに外部リンクが多くリンクされていたので)301リダイレクトを使用することで、Google評価をそのまま引く次ぐことが出来ます。 11.ロボットNOINDEX robotx.txtファイルは、クロール最適化の手段の一つで、ユーザーページや自動生成ページなど検索エンジンに表示される必要のないページへのクロールを制御し、重要なページのみを検索エンジンに認識してもらうことによってSEOを改善するためのもので、Webサーバー上にあるファイルです。 検索エンジンは、あなたのサイトとリンクしている外部リンクの数と質に基づいて獲得しています。一般的なルールとして、あなたのドメインオーソリティが高くなれば、より多くの検索エンジンがクロールします。 eコマースのストアのためには、あなたの製品や製品カテゴリページではなく、スクリプト、画像やデータを含むフォルダをクロールさせることが好ましいです。これは、Googleが製品をインデックスする可能性を高くさせ、また、サーバーによって使用される帯域幅を削減します。 eコマースを構築するためのワードプレス機能とプロセスガイド 【eコマース管理者必見!】reCAPTCHAでWordPressをセキュリティ強化する方法 決済代行サービスの徹底比較 WordPress+ECサイトeコマース [2016年版] 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】


WordPressのウェブサイトにGoogleフォームを追加する方法

Googleフォームは、オンラインフォームを介してユーザーから情報を収集するために迅速かつ簡単な方法だけではなく電子メールを介して共有したり、自分のWebページに設置することが出来ます。それらは数回クリックするだけであなたのWordPressのウェブサイトにGoogleフォームを追加することができます。 今回は、Googleフォームを作成しWordpressに追加、実行する方法です。 Googleフォームとは何ですか? 前述したように、Googleフォームは、無料で使用できるオンラインアプリやサービスの一つです。Googleアカウントをお持ちの方は、質問項目を設定して連絡先情報を収集し、注文を受け付ける、アップロードを受信するなどのフォームをカンタンに作成、開始することができます。 フォームからの結果にアクセスすることは非常に簡単です。そして結果収集を自由にダウンロードでき、それらはGoogleドライブのアカウントの一部として、クラウドに保存されています。すべてが非常に直感的なGoogleフォームインタフェースを介して編集することができます。また収集されたGoogleスプレッドシート文書で高度な分析を表示するオプションを持っています。 Googleフォームは、非常に柔軟で強力なソリューションとして検討する価値があります。それでは、すぐにあなたの最初のGoogleのフォームを作成し、あなたのWordPressのウェブサイトに追加しましょう。 1.Googleのフォームを作成する方法 プロセスの最初のステップは、Googleアカウントを作成することです。GoogleフォームまたはGoogleドライブのダッシュボードからアプリにアクセスします。Googleドライブのダッシュボードのサイドバーメニューの[新規]>[Googleフォーム]ボタンをクリックしてフォーム領域に切り替えることができます。 Googleのフォームの外観の変更 カラーパレットを変更することでデザインを簡単にカスタマイズできます。フォームをプレビューしながらできるので好みのフォームデザインに仕上げることが出来ます。 必要に応じて単一のユーザから複数ユーザーごとに質問の順序をシャッフル、ログインするためにユーザーに要求する、確認メッセージを表示させるなどフォーム機能とアクセスされる方法をカスタマイズしてください。 Googleのフォームを公開 フォームが出来上がったら、画面の右上にある[送信]ボタンをクリックすることで、公開することができます。フォームへのアクセス方法は、URLリンク、電子メールで共有、またはWebページに埋め込むことができます。ソーシャルメディア上でそれを共有するための便利なボタンもあります。 WordPressのウェブサイトに、投稿またはページのHTMLエディタにはiframeコードをコピーして貼り付けることでGoogleのフォームを最も簡単な方法で、導入できます。 あなたのWordPressのウェブサイトにGoogleフォームを追加する方法 WordPressのウェブサイトに、投稿またはページのエディタにはコードをコピーして貼り付けることでのフォームを最も簡単な方法で、導入できます。 しかし、あなたがGoogleフォームの表示方法をより細かく制御したい場合は、無料のGoogleフォームのプラグインを使用することをオススメします。 2.GoogleフォームWordPressのプラグインを導入 無料プラグインGoogle Formの特徴は、WordPressのサイト上で楽にGoogleフォームを管理することができます。 フォーム項目は、プラグインのダッシュボードから設定できる上に、ショートコードを使用してコンテンツに再挿入できます。 デフォルトGoogleフォームの確認テキストをカスタマイズできます。 キャプチャフィールドを表示するだけでなく、スパム対策としてユーザにフォームエントリーのコピーを電子メールで送信するオプションもあります。 WordPressのコンタクトフォームの外観をCSSでを適用することができます。 フォームエントリーテキストの一部を上書きし、ユーザーに関する追加情報を記録することができます。 Google Forms for WordPressプラグイン https://wordpress.org/plugins/wpgform/ GoogleフォームをWordPressのプラグインでフォームを発行する方法 Googleフォームのプラグインをインストールし有効してください。 WordPressのダッシュボードに新しくGoogle Formsメニューが追加されます。[Add new Google Form]をクリックするとフォーム名とフォームURLを入力することができます。URLは1.Googleフォームを作成するで前途したように、Googleフォーム上のフォーム・ページ上の[送信]ボタンをクリックして、このURLを見つけることができます。 フォームが動作する方法を設定 Googleフォームのプラグインを使用すると、指定した電子メールアドレスに通知アラートが送信できるので必要であれば有効にしてください。 フォームの外観および書式は、ワードプレスのテーマによって異なります。しかし、Googleフォームのプラグインを使用することによって、独自のカスタムCSSで調整が可能です。後は[公開]ボタンをクリックします。 WordPressのウェブサイトに追加する各Googleフォームにショートコードが割り当てられます。ショートコードは、URLをコピーしなくても、簡単に記事やページにフォームを挿入することが可能になります。記事もしくはページを公開したらショートコードが自動でGoogleフォームに置換えられます。 Googleフォームの集計を表示させる オンラインでしか使えないイメージの強いGoogleスプレッドシートですが、公式のツールをインストールすることでオフラインで使うことも可能です。 Googleスプレット>データ探索をクリックでシートに入力されたデータを短時間に自動でグラフィック解析を行うことが出来ます。 記事:Googleスプレッドシートで業務が効率化出来るアドオンまとめでも業務が効率化できるアドオンが紹介されていますのでご参考ください。 WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【前篇】 WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【後篇】 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】


ecommerceプラグイン-wordpress

人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】

インターネット全体の8.5%以上のサイトがWordPressで作られ、コンテンツ管理システム(CMS)としては世界1のWebソリューションです2010年調べ — WordPress.comより WordPressはもはや単なるブロガーのための選択肢ではなく、ビジネスのためにはWordPressなしで構築することはできません。 あなたのウェブサイトでオンライン取引を開始、もしくは追加したいと考えているならぜひ読んでください。 Eコマース・ECサイト・オンラインショップを開始するウェブサイトでeコマースを開始もしくは追加する最も簡単な方法は、ワードプレスのeコマースプラグインを使用することです。 ただし、数百のプラグインの中から機能を比べ、選択することは非常に難しいでしょう。Eコマースを構築するためのワードプレス機能とプロセスガイドで紹介した通り決済代行会社と契約を考慮しなければいけません。なので私たちは、世界で最も人気のある「8つ」のeコマースプラグインを厳選してまとめました。 単純で直感的な操作と140の拡張機能:MarketPress ecommerce https://premium.wpmudev.org/project/e-commerce/ WordPressのためのオンライン取引用プラグインMarketPress ecommerceです。デジタルダウンロード販売および物理的な製品の両方に使用できるeコマースプラグインです。外観は多くのテーマから選んで、ウィジェットを使用することで100%カスタマイズ可能です。 ウィジェットは、製品カテゴリと製品リストからドロップダウンでカスタマイズすることができます。Stripe、Paypal、Authorize.netを含む15の人気の支払い方法がはじめからバンドルされているのでスームズなチェックアウトが可能です。顧客がチェックアウトプロセスがわかりやすいようにパンくずリストへナビゲートすることができます。サイトは日本語以外にも翻訳対応することができます。アマゾンアフィリエイトや在庫アラート、Googleアナリティクスと連携することでコンバージョンやサイト改善にも役立つ機能があります。 WordPressの37%を超える最大のプラグイン:WooCommerce https://www.woothemes.com/woocommerce/ WooCommerceの洗練された管理インターフェイス、トップクラスのサポートがウリ。最近閲覧した製品、サイドバーウィジェットの選択、および価格・評価やレビューなど多くの機能を備えています。ライトボックスを有効にするだけで顧客は製品ページを離れることなくウィンドウ内で商品画像をズームすることができます。それらの機能はテーマに統合されたプラグインの多さを意味し、そのほとんどの機能は無料で使用できます。 WooCommerceは無料で十分な機能を備えていますが、サイトを拡張するためにオプション購入も可能です。会計ソフトウェアと連携、大手CRMと同期、マーケティングソフトウェア、プロダクト(予約販売・割引販売)などが有料アドオンになります。 世界中のビジネスオーナーのためのオープンソリューション:WP eCommerce https://wpecommerce.org/ eコマースプラグイン「WP eCommerce」はWordPressの開発者に支持を得ています。WP eCommerceのコミュニティでは(https://github.com/wp-e-commerce/WP-e-Commerce)開発者へ最新情報や技術サポートを行っています。通常の販売のほかデジタルダウンロード、会員限定販売、サクスクリプションが可能です。加えeコマース管理に必要なレポート機能、googleアナリティクスと連携するマーケティング機能も活用できます。ペイパル、Chronopay、BluePay、Sagepay、Paystation、Authorize.net、ファースト・データ/ LinkPointなど多くのチェックアウトを持っています。基本モジュール(発送設定、税金、ペイメントゲートウェイ、在庫管理、会員ログイン、電子メール通知、販売ステータス)は無料ですが、上位プランのGold Cartプランは$88、Additional Extensionsプランは$39〜となっています。 5分で販売できる!有料アドオンで最強eコマースを構築:iThemes Exchange https://ithemes.com/exchange/ iThemes Exchangeは、シンプルで直感的で非常に拡張可能なWordPressのeコマースプラグインとして開発されています。iThemes Exchangeのユーザーフレンドリーなインターフェイスは、製品の作成とプロセスが比較的容易になります。独自のデータベース・テーブルを作成する他のプラグインとは異なり、Exchangeは独自のページに顧客情報を追加するための組み込みシステムを利用しています。デジタルダウンロードや購入された製品を準じて、トランザクションを編集し、顧客情報にメモを追加できるので、顧客を管理が簡単になります。Exchangeのインストール、有効化、好きな支払プロセッサを選択し、製品を追加し、販売を開始します。 素晴らしいビジネスとアイデアのためのeコマースサービス:Shopify https://www.shopify.com/ shopifyは、100以上のプロフェッショナルの外観テーマからデスクトップはもちろんモバイルやタブレットまでマルチ対応しているので、簡単にeコマースを構築することが出来ます。あなたのWordPressのブログやウェブサイト上でスタンドアロンのミニストアを作成し、Shopifyの安全なショッピングカートのプラットフォームに直接接続できるほか、$9/月ですべての必要機能が揃います。あなたが準備するのは販売する製品だけです。 eコマースについて相談してみる Yoast SEO WordPressプラグインでSEO対策 サイト管理者向け Google Analyticsの目標設定 ホームページを作成制作する方法 -企業のためのステップガイド- スマホでWordPressサイトを管理するための最強ツール 【無料】2016’厳選オンラインマーケティングツール eコマースのためのSEO重要な11のヒント WordPressのウェブサイトにGoogleフォームを追加する方法 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】


FORTUNA.INC-ベストなWordPressバックアップを探す

WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【後篇】

WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【前篇1〜5】では フルサイト(完全な)バックアップ機能 バックアップのスケジュール設定機能 バックアップデータの保管場所 バックアップのEasy&Fast復元 バックアップのカスタマイズ をご紹介しました。 あなたは最高のWordPressのバックアッププラグインを探しているなら、10の機能があることを理解する必要があります。WordPressのベストなバックアッププラグインを見つけるためのガイド【後篇6〜10】です。6.新しい場所へWordPressを移動する機能WordPressの移行やワードプレスのウェブサイトを違う場所に移動する作業は、長い時間がかかります。新しい場所にファイルをアップロードし、サイトを復元することは容易ではありません。 あなたはWordPressのウェブサイトを移動する際にWordPressのバックアッププラグインは、次のタスクを処理できるかどうかを調査する必要があります。 プラグインは(データベースおよびオプション設定でも含む)サイト上のすべてのコードされたURLを自動で変更していますか? プラグインは、サイトやデータベース全体でテキストを検索および置換する機能がありますか? プラグインは、クローンWordPressを生成することができますか? プラグインは、WordPressのステージング(開発環境用WordPress)をすることはできますか? 7.電子メールの通知WordPressのバックアッププラグインが自動で全てを行ってくれることは素晴らしいのですが、全てが計画通りにいかないこともあります。タスクが正常に完了したとき(バックアップなど)または失敗したときに管理者へ通知することが必要になります。 WordPressのバックアッププラグインが通知しない場合、ウェブサイト・バックアップデータが最新のものか判断することは非常に難しいでしょう。特にバックアップが失敗したときに、プラグインがあなたに電子メールで通知することはとても大切です。 8.ファイルとデータベースをロールバックする能力 ロールバックとは、データ更新などで障害が起こったときに、その前の状態にまで戻ることをいう。 データベースでは、更新前のジャーナルファイルを使い、更新前の正常な状態に戻すこと。 wikipedia 誤ってサーバーからファイルまたはイメージを削除は、ヒューマンエラーによって引き起こされます。それはクライアントと保守管理のWeb会社の間で起こりえます。回避するには、エラー/削除の確認するルールが必要ですがもしそれが起こってしまった場合、サイト全体の復元を行うより、ファイルやデータベースをロールバックする方が速いでしょう。 9.サーバーツールWordPressのウェブサイトをバックアップするサーバーに関連するツール。 マルウェアスキャン – あなたのサイトのマルウェアのスキャンを実行する機能。言うまでもなくすでにマルウェアに感染しているサイトのバックアップを作成してもそれを2度と使用することはないでしょう。あなたのサイトがクリーンであることを確認してください。 データベース・スキャン&修復 – 肥大化して最適化されていないエラーの可能性があるデータベースのコピーを作成する必要はありません。バックアップの前に、データベースをスキャンして修復することができることを確認してください。 ストレージ&リソースの使用状況を監視する – サイトのために利用可能なストレージ容量を監視し、あなたのホスティングの使用状況が常に確認できる機能。 10.ヒューマンリソースWordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【前篇1〜5】+本トピックで9の機能を提供している優れたワードプレスのバックアッププラグインは、バックアップ・プロセス全体を高速化することができます。 しかし、【管理者向け】よりよいWordPressのセキュリティ対策4つの方法でご紹介したようにハッキング被害、ヒューマンエラーの操作からデータ喪失で被る被害は企業活動に大きな損害を与えます。 想定外のデータ喪失という事態に備えてバックアップする「保険」だけでは十分でなく、データが消え、復旧しなければならない局面になった時、いかに連携したWeb保守管理会社と迅速にデータをリカバリできるかも重要になります。 定期的なサイトの流れと動き、顧客ニーズを考慮した保守管理の体制(ヒューマンリソース)も保護するために必要です。 バックアップと保守について相談してみる Yoast SEO WordPressプラグインでSEO対策 サイト管理者向け Google Analyticsの目標設定 ホームページを作成制作する方法 -企業のためのステップガイド- スマホでWordPressサイトを管理するための最強ツール


FORTUNA.INC-ワードプレスのベストなバックアッププラグイン

WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【前篇】

WordPressプラグインの中でもバックアッププラグインは非常に重要です。記事を多く持つメディアサイトや不動産情報、イベントサイトなどはWordPressが自動かつ安全に記事バックアップを取ることが理想だからです。利用可能な無料〜有料のプラグインが数多くあり、その中からバックアッププラグイン(またはサービス)をご紹介します。 あなたは最高のWordPressのバックアッププラグインを探しているなら、10の機能があることを理解する必要があります。WordPressのベストなバックアッププラグインを見つけるためのガイド【前編1〜5】1.フルサイト(完全な)バックアップ機能あなたはバックアッププラグインが、WordPressサイト全体ができればよいと考えていませんか?実は、それだけでは足りません。 サイト全体、データベースやコンテンツのXMLエクスポートだけではなく、それ以外にプラグインのバックアップする範囲を確認する必要があります。ではフルWordPressのバックアップには何を含めればよいか? デフォルトのワードプレスデータベーステーブル以外に選択できるオプション WordPressのデータベースを完全にバックアップ サーバーのサイトディレクトリ内のすべてのファイル すべてのプラグインやテーマファイル サイトのディレクトリに関連付けられた非ワードプレス関連のファイルやデータを含めるオプション WordPressのバックアッププラグインが、上記の各リスト項目に対応していなければ複数のバックアップ・ソリューション(もしくは手動で)を追加しなければいけませんが、バックアッププロセスは非常に非効率的になります。 2.バックアップのスケジュール設定機能WordPressプラグインがバックアップをスケジュールに合わせ自動的に実行することも大切な機能です。もし、スケジュール機能がなければ定期的にバックアップ作業を忘れないようにしなければいけません。 複数の組み合わせ設定 – WordPressバックアッププラグインのバックアップのスケジューリング機能の中に複数の設定ができること。例えば完全サイトバックアップ、データベースonlyバックアップ、バックアップの組み合わせなど。 バックアップスケジュールの間隔と開始時刻 – バックアッププラグインは、バックアップ間隔(毎時、毎日、毎週など)およびバックアップを実行する日付、時刻を幅広く選択できる機能があるか確認してください。 WordPressのcronに依存しない – バックアッププラグインが「WordPressのcronに依存しない」設定ができるものを探しましょう。(もしくは依存しない設定ができるもの)デフォルトではWordPress はサイトへアクセスがある(ページが読み込まれる)たびに wp-cron.php を呼び出すので、リソースが無駄に使用されサイトパフォーマンスの低下など、問題が発生する可能性があります。スケジューリング機能を持つプラグインは指定した時刻に起動しない可能性があります。 3.バックアップデータの保管場所サイトおよびWordPressのバックアップファイルをあなたに合わせた複数の保管場所を持っていることは非常に大切です。データの保存場所、外部ストレージが利用できるWordPressのバックアッププラグインを探しましょう。 Amazon Webサービス(AWSまたはより一般的にはAmazon S3と呼ばれます) グーグルドライブ Dropbox Onedrive * リモートサーバーに接続する機能(SFTP / FTP) Eメール カスタムリモートバックアップ場所 Onedrive…2016年1月、無償で利用できる容量を5GBに減らし、カメラロールの15GBボーナスも廃止し、Office 365の有償契約ユーザーの上限が1TBに戻る予定[24][25]。カメラロールボーナス以外のボーナスは廃止しない。利用者の平均利用容量は5.4GB[26]だが、容量オーバーしているユーザーは、通知し、書き込みを出来なくし、しばらく経過後データの削除を行う。 4.バックアップのEasy&Fast復元WordPressのバックアッププラグインはWordPressのウェブサイトをすばやくバックアップすることができます。しかし、バックアップ復元に時間がかかったり、技術力を必要とすることがあります。 バックアップからサイトを復元するために迅速かつ簡単な方法で実現出来るプラグインを探しましょう。 最小限のダウンタイムでWordPressのウェブサイトを復元することを可能にしていますか? ダウンした場合、サイトを復元するプロセスは明確ですか? 既存のファイルおよび既存のデータベースを上書きすることはできますか? ファイルを復元するか、データベースのみ復元を選ぶことはできますか? 使用していたワードプレスのバージョンを復元することはできますか? 5.バックアップのカスタマイズ1で記述したように、WordPressのバックアッププラグインは、WordPress以外のディレクトリーを含む機能が大切です。さらに個別のファイル、ディレクトリーのバックアップをカスタマイズ出来るものを探しましょう。 指定したファイル、フォルダ、およびデータベース・テーブルを除外する機能が、サイトのために膨大な時間の節約(およびサーバリソースの節約)できます。 例えば、定期的な毎日のバックアップからのフォトギャラリーの高解像度の画像を格納するディレクトリを除外すればバックアップを迅速かつ問題なく実行することができます。そしてサーバがビジーでないときに高解像度のフォルダをセカンダリバックアップのスケジュールを実行するすることができます。 バックアップ・カスタマイズ機能があれば、リモート接続先のストレージ・スペースを節約できますし、アクセスが集中する時間帯を避けることもできます。 続きを見る WordPressのウェブサイトにGoogleフォームを追加する方法 人気8つのWordPress+eコマースプラグイン【2016年版】 WordPressのベストなバックアッププラグイン:10項目【後篇】 【対策6項目!!】サイト保護とWordPressの脆弱性を理解する